最大級オプション動向で警戒感強まるビットコイン(BTC)、今後の展望を考察|仮想通貨市況

仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況

27日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比+0.03%の78.7万円。

明け方にかけてショートカバーによる300ドル幅の上昇が見られるも、19日高値付近の7430ドルで大きく跳ね返され、上昇分を帳消しにした。直近相場は、急騰直後の急落で「全戻し」を繰り返すなど、極めて不安定な地合いにあると言える。

国内外の出来高水準を鑑みても、腰を据えた現物取引よりも証拠金(レバレッジ)取引を中心とした”足の速い資金”が中心にあり、少なくとも現時点ではスキャルピングといった超短期トレード以外の旨味が少ないことを如実に示している。

今後の展望

チャートパターンとしては、短期的には三尊形状(天井圏ではない)の見方もでき、18日以降の反落時に凌いでいる7100ドル付近のネックラインを割り込めば、急落リスクが高まりそうだ。

一方、あくまで想定されるシナリオの一つになるが、日足レベルでの逆三尊(緑)が成立すれば、迫る半減期2020に向けた中・長期トレンド転換の起点となる可能性も考えられる。(赤矢印)

当然、直近最安値6,500ドル(約70万円)を底割れてしまった場合、ロンガーのロスカット連鎖によるオーバーシュートも起こり得るだろう。

NYダウ平均など日米株式市場がATHを更新し続けるなか、仮想通貨市場の市況悪化から中期5,000ドル以下の予想も散見され始めた。買い指値で下髭キャッチを狙うにしても、専業で貼り付けない場合はIFDOCO注文などでポジション(建玉)を手仕舞うための「逆指値」は予め入れておきたい。

デリバティブ動向

年内最後のDeribit Optionsにおける最大級のオプションカットが日本時間17時に、CMEの先物SQが25時(日本時間深夜1時)に迫っており、案の定BTC価格は膠着している。

ダウンサイドリスクも警戒されるなか、オプション市場における相場の過熱感を示す、プットコール・レシオ(PCR)が-20%と急落している点は若干気がかりだ。

元オプションディーラーらが分析を行うコインカレッジで解説されている通り、コール24,520、プット16,068の巨大建玉が抜け落ちた後、行使後の新たなポジションにも市場の関心が高まっている。

CoinPostの関連記事

仮想通貨価格に大きく影響する「半減期」とは、ビットコインやライトコインなど過去の事例から独自考察
仮想通貨価格に大きく影響するビットコインなどの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。今夏に控えるライトコインなどの半減期を踏まえ、過去の値動きから可能性とリスクを徹底解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【2/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら