仮想通貨NEMのカタパルト、新ブランドは「Symbol」に|コミュニティ投票で可決

NEM「カタパルト」の新ブランドは「Symbol」に

仮想通貨NEMの新ブランドロゴに関する投票が行われ、投票の結果賛成多数で可決された。

賛成が91.05%で可決され、これによりNEMの新しいブランドは「Symbol」で決定した。

出典:NEM Foundation

今後、1月の中旬にティッカーシンボルのPOI投票が行われる。ティッカーシンボルとは株式市場において銘柄を区別するために付けられたものでビットコインであればBTC、イーサリアムであればETHと表記される。

なおPOIとはNEM(ネム/XEM)」が採用するコンセンサス・アルゴリズム(合意方法)であるPoI(Proof-of-Importance)のことで、ティッカーシンボルの投票でもPOIによって投票が行われる。

以下がティッカーシンボルの例となるが、投票についての詳細は追って明かされる。

  • Symbol
  • Symbl
  • sYmbol
  • XYM
  • SYMX
  • XSYM
  • XBL

そのほか、1月の終わりにはブランドのフォントやタイポグラフィ、ロゴの使用などについてのガイドラインが公表される予定だ。

NEMは「カタパルト」という名称のプロジェクトで大掛かりなアップデートを行うことを予定しているが、商標権の問題でカタパルトという名前の利用が難しいことから新しいブランド、ロゴの策定に向け活動してきた。

参考:NEM Foundatin

CoinPostの関連記事

仮想通貨ネム「カタパルト」移行コミュニティ投票、賛成多数で可決
ネム「カタパルト」に関する最新の公式ブログ内容で、新通貨の付与を含むトークノミクス提案の投票が可決したことがわかった。新通貨上場については、日本国内の仮想通貨取引所と協議を継続、翌年1月に最新アナウンスの発表が予定される。
仮想通貨NEMのカタパルト、新ブランド戦略を発表 名称やロゴの変更も
仮想通貨ネム関連の新ブロックチェーン「カタパルト」について、ネム財団が新たに新名称とロゴを提案。仮名「Symbol(シンボル)」に関する内容が、新ブランドの展開戦略の方針として発表された。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用