米Coinbase Pro、仮想通貨ATOMを新規上場 |NY州金融当局ホワイトリスト入り

ATOMがコインベースに上場

米大手仮想通貨取引所Coinbase Proは10日、仮想通貨Cosmos(ATOM)の新規上場を発表した。これを受け、ATOM価格は約10%上昇した。

取引ペアは、ATOM/USDとATOM/BTCの2つで、全てのコインベース対地域で取り扱うことになるため、これまで一部の銘柄を取り扱わないNY州でもATOMの取引を提供することになる。

ATOMはステーキング機能を提供しているが、Coinbaseはその代行サービスを発表していない。Coinbaseが提供しているステーキング銘柄はテゾス(XTZ)のみだ。

一方、現在ATOMのステーキングを提供している主要取引所はバイナンスで、約6〜9%の年率でステーク報酬を受け取ることができる。

NY州のホワイトリスト入り

今回の上場はNY州金融当局(NYDFS)が仮想通貨取引所の上場ホワイトリスト改善提案を発表して以来、同州のユーザーに対応したCoinbase上場になる。

NYDFSは昨年12月、ビットライセンス事業者に対して、アルトコイン上場プロセスを促進する提案を提出した。提案は1月27日までにパブリックコメントを募集している。

NYDFSが個別で認可した銘柄は当局の上場ホワイトリストになるため、ATOMなどのCoinbaseニューヨーク州対応銘柄は事実上、NY州のホワイトリスト入りしている。

参考:coinbase pro

CoinPostの注目記事

米NY州、仮想通貨の新規上場プロセスを大幅改善か アルトコインに追い風
ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は、仮想通貨事業許認可「ビットライセンス」の規定内容を大幅に変更する予定だ。アルトコインの上場基準を明確化、新規上場へ追い風になる可能性がある。
米初:NY市で独自デジタル通貨構想 ブロックチェーン利用で新提案
米ニューヨーク市はブロックチェーンを利用する地域デジタル通貨を検討した。米国では初めての事例だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します