VALU、仮想通貨ビットコインを用いたVAトークンサービス終了|返却手続きへ

VALU、仮想通貨サービス断念を発表

VALU社は15日、顧客の暗号資産を預かる業務の断念を発表した。

2017年5月にβ版をリリースしたサービスVALUは、仮想通貨ビットコイン(BTC)を使うことで、個人の価値をシェア・トレード可能にし、個人が継続的な支援を募ることができる画期的なサービスとして広がった。

サービス停止理由

2019年5月31日に可決された、暗号資産に関する改正資金決済法に含まれる『暗号資産カストディ業務に対する規制』に対応すべく、これまで関係各所と検討を進めてきたものの、VALUにおいて暗号資産カストディに関わる業務を断念せざるを得なかったとしている。

カストディ規制については、仮想通貨のサービス展開の敷居が高くなることから、技術革新を停滞させる原因になりかねないとする懸念は、これまでも相次いでいた。

当該規制については、日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)が「暗号資産の管理に係る意見書」として、仮想通貨のカストディ(保管)業者の範囲や、仮想通貨の管理方法などについて提言も行なっていた。

VALU社は、2020年3月2日(月)13:00をもって「VA」の売買を終了し、2020年3月31日(火)13:00 を期限に、利用者から預かる暗号資産の返却手続きを進める。サービス内容刷新のため、2020年4月1日(水)以降、新しいVALUにアップデートする予定としている。

詳細は公式サイトを参照。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します