インド最高裁、仮想通貨関連禁止措置の公聴会を実施

仮想通貨禁止措置に関する裁判

インドの最高裁判所は、インド準備銀行(RBI)による仮想通貨に関連する禁止措置に関する裁判の公聴会を実施した。米Cointelegraphが現地報道を行なった。

インドではブロックチェーンは国策として推進するものの、仮想通貨については、全面的に取引を禁止する法案も提出されている。

インド準備銀行(インドの中央銀行)は昨年4月より、銀行が仮想通貨の取引所や関連企業へサービスを提供することを禁じている。これに対して、現地の仮想通貨業界は、政府に対して訴訟を起こしている。

この訴訟における最初の公聴会セッションは1月14日から16日まで開かれ、インドのインターネット&モバイル協会(IAMAI)の弁護士であるAshim Sood氏が主に議論を提示した。

(IAMAIは、インターネット業界の消費者、株主、投資家に代わって政府に訴えることを使命とする非営利の業界団体で、メンバーには、Yahoo!アップル、eBay等を含む)

IAMAIの弁護士Ashim Sood氏による主な論点は以下のようになる。

  • 仮想通貨は「通貨」ではない:中央銀行の管轄に置かれない
  • インド準備銀行は権限超越している:証券取引委員会が規制を担当すべき
  • 禁止の根拠となる資料の欠点:説明が不十分
  • 仮想通貨は禁止ではなく規制すべき:他のフィンテックと同様に規制する必要がある

最高裁判所における裁判は、まだ公聴会が始まったばかりだ。今後もその行方に注目したい。

参考:Cointelegraph報道

CoinPostの注目記事

インド税務当局、仮想通貨の税金捜査へ本腰
インドの税務当局が、仮想通貨に関する調査を目的に、職員を訓練、仮想通貨に関して詳細に記したガイドブックを職員に配布したことがわかった。職員の仮想通貨投資調査に向けた訓練を行なっているという。
インド、国策としてブロックチェーン活用へ 仮想通貨とは無関係か
インド政府は新興技術に特化する国策の一環として、ブロックチェーンの導入へ動き出した。「仮想通貨ではなくブロックチェーン」などの点で中国のブロックチェーン国策に類似。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら