仮想通貨批判論者ピーター・シフ 、保有ビットコイン紛失で批判強める

「BTCをすべて紛失」ゴールド・マニアのシフ氏

有名な仮想通貨批判論者で、ゴールド保有を推奨するピーター・シフ氏がウォレットに保存していたビットコイン(BTC)をすべて失ったとツイート。1000リツイート、5000いいねを超えるなど、海外を中心に話題になっている。

「たった今、私は保有中のビットコインを失った。ウォレットが何らかの理由で破損し、パスワードが無効になった。だから今、私のビットコインは本質的に価値がないだけではなく、市場価値もない。ビットコインを保有するのは悪い考えだと知っていたが、まさかここまで悪いことだとは!」

シフ氏が主張するのは、ビットコインを保管する携帯電話のウォレットの問題で、同一の電話を使用し、パスワードも「過去に何度も使用した非常に単純な数字のパスワード」を使用しているため、自分自身の問題ではないと主張している。(秘密鍵や復元パスについては言及せず)

この出来事に関連して、ゴールドやシルバー市場のニュースを扱うKitco Newsのインタビューの中で、同氏は当時の状況を以下のように説明した。

「ネット上の誰かが、シフ氏は(仮想通貨に懐疑的と見せかけて)実は、ビットコイン隠れ支持者であると意見していた。それをきっかけに携帯電話ウォレットに保有しているビットコインを確認したところ、ログイン時にパスワードを入力するタイミングで、強制ログアウトが発生。問題があるため再度ログインし直さなければいけないとメッセージが表示された。」その後、再度ログインを試みるも、もうパスワードは機能しなくなっていたという。

ウォレットに入っていたのは、人から贈られた約2000ドル(約22万円)相当のビットコインで、同氏は「悲劇」ではないと主張しつつも、ビットコインの管理方法について問題を指摘し、批判コメントを行なった格好だ。

復元できる可能性も 

本件については、様々なアドバイスがシフ氏のツイートにリプライされており、該当ウォレットの製造元であるBlockchain.comからは「あなたの資金は安全に保管されています、ご安心ください。すぐにダイレクトメッセージお送りします」という呼びかけがされた。 

シフ氏のビットコインへのアクセスは、また復元可能であることを示唆しているが、その後同氏がコインを取り戻せたのかはまだ明らかになっていない。

またAdaptive CapitalのブロックチェーンアナリストであるWilly Woo氏も仮想通貨ウォレットをアップグレードしようとした時に破損したことがあると自分の経験を共有し、ウォレットに問題があるケースもあると、シフ氏を擁護する立場を取った。

自己管理が必要な仮想通貨ウォレットの管理では、仮想通貨を保管する際の復元パスワード等を物理的な紙やオフラインデバイスで保管することは必須な事項になる。一方で、一般的なユーザーにとってウォレットの管理は一定のハードルになり得ているのも事実、安全なウォレット管理や業社の選び方等、クリアな情報もより必要とされている。

シフ氏の告白

本日、シフ氏は「謎は解けた」とのツイートを投稿した。

内容によると、アップデートされたBlockchainウォレットからログアウトされてから、再ログインしようとしたが、パスワードをピン番号と間違え、できなかったという。

また、「ウォレットのシードフレーズをコピーしなかったため、今回の教訓は深刻だ」と言い、永久に失ったことを改めて明言した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用