米CFTC会長、仮想通貨ETH先物は「近いうちに実現」

CFTCの緑点灯

米商品先物取引委員会(CFTC)のTarbert会長は、イーサリアム(ETH)先物が近いうちに実現すると、改めて発言した。

米メディアブルームバーグの取材に応じたTarbert会長は、「差金決済型BTCを許可したから、ETH先物のローンチもそう遠くはないはずだ」と話した。

Tarbert会長は昨年11月、PoSコンセンサスに移行後のイーサリアム2.0について、「メカニズムと通貨の生成方法について、有価証券に該当するかどうか慎重に検討している」と、証券に該当する可能性を指摘していたことから、改めて先物の実現目処に言及したことは重要な意味を持つ。

会長がETH先物実現の可能性に触れたのは2019年10月、2020年内を目処に実現するかもしれないとの発言を行なっている。

イーサリアムの法的定義については、Giancarlo前会長の在任中に、ビットコインとイーサリアムを「商品(コモディティ)」として定義。SECの会長も賛同の意を表している。

しかし、PoS移行でアルゴリズムが変更された後の定義は現時点で未定。米バージニア大学法学部教授などは、課税領域などで、PoSによって生成される仮想通貨は商品に当たる「資産」とみなすべきと主張。その法的定義の明確化を促している状況だ。

具体的な日程は決まっていないが、現ETHがイーサリアム2.0に移行する第一段階の「フェーズ0」はおよそ上半期に実行を予定。一部の主要開発者らは年内フェーズ1にまで至ると予測している。

参考:ブルームバーグ

CoinPostの注目記事

1ヶ月で約3倍に 仮想通貨イーサリアムクラシック高騰に「5つの背景」
年初から3倍弱の価格高騰を記録する仮想通貨イーサリアムクラシック。その高騰背景と、今後のアルトコイン投資でも注目したい理由を解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用