ビットコイン(BTC)調整局面か、先物OIは40億ドル規模に|仮想通貨市況

仮想通貨市況

4日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比2.64%安の100.8万円に。

1月31日と3日に反落した9500〜9600ドルの抵抗帯(①)は、昨年8月以降に強く意識されていたディセンディングトライアングル下限となる。 強烈な上髭をつけ反落したことで売り圧力が増加、上値を切り下げ買いの勢力が弱まるなど、形状としてはやや苦しいか。

半減期思惑を背景に潜在的な買い圧力は強いものと思われ、中期トレンドも強気であるため、比較的底堅い9150〜9200ドルを守りきることができれば再上昇の目は残る。一方、25日の8220ドル以降ほぼ調整なしに急角度で反騰してきただけに、短期では一旦調整局面入りしてもおかしくはない。

その場合、ロールリバーサルを確認した直近安値の9150〜9200ドルと心理的節目の9000ドル付近(②)の値動きが注目される。現時点では想定しにくいが、大幅続落した場合は、8200ドル付近の揉み合ったライン(前回の反騰開始地点)や、③の7700〜7800ドル辺りの下値支持線などが意識されそうだ。

個別銘柄動向

モナコインが前日比10%以上下げるなど、直近高騰していたアルトコインも利確売りに押されている。

今年1月は、仮想通貨市場全体の時価総額は1930億ドル(約20兆9700億円)から2,550億ドル(27兆7000億円)まで増加。中でもアルトコインの時価総額は約40%増加し、610億ドル(約6兆6280億円)から860億ドル(約9兆3450億円)まで伸長している。

バイナンス・リサーチの市場概要によれば、主要仮想通貨の中では、DASHが(181.5%)、ビットコインキャッシュ(85.2%)と高騰したほか、ライトコイン(65.1%)、カルダノ(65.1%)、モネロ(61.7%)、EOS(59.9%)と続いた。

関連:アルト市場の回復トレンド、仮想通貨取引データが裏付け=バイナンス

デリバティブ市場

今年1月のビットコイン(BTC)価格上昇に伴い、BTCデリバティブ市場では、先物の取組高(OI)も大幅に上昇してきている。skewのデータによると、グローバルにおけるビットコインのOIはすでに40億ドルを超え、年初来60%増の規模に。

デリバティブ取引所大手BitMEXとOKExは、計25億以上のOIを記録。全体の6割を占める。

出典:skew

BitMEXのアーサー・ヘイズCEOは昨日、ビットコインのスワップ商品は「2016年ローンチ以来、出来高の水準は累計2兆ドル(200兆円以上)を超えてきた」と投稿した。

OIのデータでは、BitMEX、OKEx、Huobi、Deribit、Binanceの降順だが、最新の24時間出来高データでは、OKExが1位、BitMEXが2位となっている。

出典:skew

いずれにしても、BitMEX、OKEx、Huobi、Binanceは上位5の常連ではあるが、出来高ではDeribitは7位に下がっている。

一方、Deribitの1月分BTCオプションの出来高は自社の最高値を更新し、オプションのOIにおいては最も高いシェアを維持している(約86%)。

OIや出来高の上昇は、ビットコインの半減期に関係していると見られる。

海外投資家の見解

海外著名トレーダーJosh Rager氏は、共同設立したBlockrootsのオレーディングツールで、中・長期ベースでの「ロングシグナル」が再確認された。

以前の点灯は、1回目が2016年9月、2回目は、4000ドルから14000ドルまで上昇相場の初動となった昨年4月に見られたという。

一方、海外の著名トレーダーNebraskanGooner氏は、9600ドルの強いレジスタンスを見て、9350ドル付近でショートを仕掛けたことを報告。(4日 12:00時点、9260ドル)最大8950ドル付近までの下落を見込んでいる

CoinPostの注目記事

仮想通貨ビットコインFX:ローソク足の見方、始値のレジサポに重きを置く理由(寄稿:やがみ)
仮想通貨ビットコイン(BTC)におけるローソク足のレジサポやプライスアクションの捉え方について、チャート図や「ライントレード」と組み合わせて詳しく解説。
米経済学者、「インフレ率」から半減期後のビットコイン(BTC)価格を考察
2020年に迎えるビットコイン半減期の重要性とそれに伴う価格上昇について米経済学者が論じた。インフレ率の面から、価値の保存手段としての魅力増加を主張する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用