リップル社に対する特許侵害の訴訟、裁判所が棄却判断

Rippleの法廷勝利

リップル社に対する特許侵害の訴訟が裁判所によって棄却されたことがわかった。裁判所の公開した文書では、棄却した理由は明かされていない

本件は、原告側のCooperative Entertainment社は2019年9月、2016年に承認された特許をリップル社のペイメント技術(仮想通貨XRPを含む)で侵害されたことを主張したもの。特許はコンテンツのP2P流通に関する内容だ。

先月リップル社が訴訟内容に関して、「Cooperative Entertainment側は我々が侵害したという十分な証拠を提示してこなかった」として、却下するよう申し出を行なっていた。

参考:裁判文書

CoinPostの注目記事

「仮想通貨XRPの投資価値」を巡り議論 リップル社CEOらとビットコイン派の意見が交錯
著名投資家ノボグラッツが述べた仮想通貨XRPの投資価値に関する発言について、リップル社CEOらが反論。売り圧力に関する内容では、アジア圏の買い支えの状況も指摘された。
口頭弁論が終了 今後のプロセスは?:仮想通貨XRPの有価証券問題
仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判は米時間15日に、口頭弁論を終えた。今後のプロセスを米弁護士が解説。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら