仮想通貨デリバティブ取引所Deribit、イーサリアムの日間オプション取引を提供開始

日間ETHオプションを提供開始

大手仮想通貨デリバティブ取引所Deribitが、17日に仮想通貨イーサリアム(ETH)の日間オプション取引を開始した。

Deribitは3日に日間BTCオプションの提供を開始したばかり。今回のETHも同様に、権利を行使する最終的な締め切り時刻(カットオフ)は、午前8時(UTC)である。19日からはETHのオプション取引全てにおいて、ティックサイズ(呼値の単位)を現在の0.001ETHから0.0005ETFに変更するという。

関連Deribit、日間BTCオプションを提供に

DeribitはETHで、すでにもっと期間の長い現金決済のオプション取引を提供している。ローンチ以来、1日の平均出来高は190万ドル(約2億円)だが、最近のETHの価格上昇を受け、13日には1日の出来高としては最高の1300万ドル(約14億3000万円)を記録した。

超短期のオプション取引を提供するのは、「変動するマクロイベントを取り入れているショートタームの投資家やトレーダーの需要に応じるため」とDeribitは説明している。

Deribitが立て続けに提供を開始したオプション取引は、競争が激しくなってきている。米CMEも先月、BTCオプション取引を開始。インターコンチネンタル取引所(ICE)傘下のBakktや中華系大手仮想通貨取引所OKExらがいる市場に参入した。オプション取引市場では9割以上のシェアを誇るDeribitだが、市場の再編が起き始めている。

関連BakktのBTCオプション、1週間の取引高が「ゼロ」 CMEとの明暗別れる

CoinPostの関連記事

新たなビットコインオプション取引が開始 すでに出来高は100万ドルに=FTX
仮想通貨デリバティブ取引所のFTXが、ビットコインオプション取引を開始。FTXは、バイナンスも評価する新興デリバティブ取引所で、20種類を超えるアルトを含む先物取引の提供も行なっている。
仮想通貨デリバティブのDeribit、新KYC基準を発表
大手仮想通貨デリバティブ取引所Deribitが新KYCプロセスの導入、新たなKYC(顧客認証)の要項を公開した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します