インドでプチ仮想通貨バブル インド10億人市場の活性化期待で

インドバブル

インドで、プチ仮想通貨バブルが起きている。

インド最高裁は中央銀行の銀行サービス禁止令を「違憲」と判断したことを受け、インド関連銘柄が軒並み高騰した。市場がインド市場台頭への期待感を織り込んだ格好だ。

インド大手取引所WazirX(バイナンスの子会社)のWRXが前日比60%高、インド発のプロジェクトMatic Network(MATIC)も30%高と、仮想通貨市場全体が下落する中で逆行高を記録した。

出典:Binance

高騰の背後にあるインド最高裁の判決は、2020年に入り最も好感できるニュースとして世界で取り上げられた。

インド最高裁は5日、中央銀行の銀行サービス禁止令を「違憲」と判断。その政策を無効とした。これまで銀行が仮想通貨取引所への銀行口座サービスを提供することが制限されていたが、今回の判決を受け、再び利用が開始される。

これまでの経緯としては、インドの中央銀行が、2018年よりすべての国内銀行が取引所に銀行サービスを提供することを禁止。取引所が実質的に法定通貨ペアを無くしたことを受け、国内投資家の資金が入りづらい国内環境があった。

裁判時、中央銀行は仮想通貨取引所を禁止するのではなく、あくまでリスクを踏まえ、金融機関を仮想通貨市場から保護するために、サービスの提供を禁じていると説明している。

取引所と銀行、すでに新たな動き

今回の判決により、銀行と仮想通貨取引所の連携が法的にクリアに。

様々な取引所があり、ここ数年で取引やオルタナティブ資産としても需要が高まっている世界人口2位のインドの動向を受け、国内仮想通貨のシーンでは、一気に活性化に転じる期待が拡大している。

判決後には、実際の取引所からも続々と銀行サービス連携に関する新たな発表が確認されている。

CoinDCXやZebpayが相次いで、銀行口座の送金機能を統合。インドルピーの入出金および取引ペアを可能にした。WazirzXは「間も無く」統合が完成するという。

WazirzXはバイナンスが買収した企業でもあり、本家Binance.comに統合が行われている。この点も、インド市場が活性化することで、アルトコイン市場への資金流入期待が高まっている背景にある。

CoinPostの注目記事

ペナント上抜けでビットコイン反転攻勢、個別銘柄も活性傾向に|仮想通貨市況
国際金融市場のリスクオフ一服もあり、反転攻勢を見せるビットコイン(BTC)市場。インド最高裁の違憲判断に伴う同国内の仮想通貨関連銘柄高騰も追い風となった。国内個別ではモナコイン 、CMC上位銘柄ではテゾス(XTZ)が堅調に推移する。
OKExもインド進出、地元仮想通貨取引所と提携・先物提供へ
インドの仮想通貨取引所CoinDCXが、OKExと提携して新しい先物商品の開発を行う。OKExは提携を通じてインド市場への地盤を確保する狙いだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します