ニュース閲覧で仮想通貨を獲得、海外メディアの新たな施策

仮想通貨メディアが独自のトークンを発表

海外の仮想通貨メディア『Decrypt』が、独自の報酬トークンをリリースすることを発表した。ユーザーは、Decryptのコンテンツを読んだり共有したりすることでトークンを獲得し、これらのトークンをAmazonやAirbnbなどのギフトカードと交換することもできる。

Decryptは、読者にトークンを提供することで、従来の広告モデルから脱却できることを期待しているという。

トークンは、イーサリアムを基盤とするトークンプロバイダーOSTと技術的に提携し、現在のところ2020年の第2四半期にベータ版でリリースされる予定である。

Decryptトークンは、アプリを介して「シーズン」毎にリリースされる。各シーズン新たな広告パートナーがスポンサーとなり、ユーザーはシーズンを横断してトークンを収集し、アプリ内ウォレットに保存できる。

ウォレットは、スマートフォン上の仮想通貨ウォレットで、ブロックチェーンを使用することで、ユーザーが複製を作成したり、トークンの供給を人為的に増やしたりすることを防ぐ仕組みとなる。

ユーザーの読書体験と両立する出版広告

Decryptの編集長兼共同創立者であるJosh Quittner氏によると、従来の広告モデルからトークンモデルへ移行した理由の一つとしては、現在の広告モデルがうまく機能していないという考えによるものだという。

広告収入を追求するために、出版社などメディアはクリックを奪い合うことを強いられており、そのことが編集の方針を損ねている。

Quittner氏は、「OSTと提携することで、ユーザーが関心のあるコンテンツを読むことができて、また広告が邪魔にならず、真の価値を提供するようなスポンサーシップを構築することができた」と述べた。

スポンサーシップモデルにより広告主は、既存のネット広告に対して警戒心を持つオーディエンスの趣向に合わせることが可能になるという。

そしてユーザーがコンテンツを読む体験を損なうことなく、広告パートナーとの関係を収益化する。

OSTのCEOは、「イーサリアムのブロックチェーン上でトークンを簡単に起動できるようにすることで、Webプラットフォームが従来の広告モデルを超えて収益機会を得られるように設計した」と語った。

CoinPostの注目記事

株主ならぬマンガ主に|漫画ファンに印税が還元される新サービス 「CANDL」が提供開始
誰でも漫画のオーナーになれる、そんなサービスが登場した。漫画家支援プラットフォーム「CANDL」はブロックチェーン技術を用い、誰でも漫画のオーナーになり、印税を受け取ることもできる。
1ドルからフェラーリに投資可能、海外証券取引所が高級車をトークン化 
投資プラットフォームとセーシェル共和国取引所は高級車をトークン化。フェラーリなどのクラシックカーに1ドルから投資できる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら