「ビットコインETF、来年も承認は厳しい」 法律専門家が語る米SECの姿勢

市場の監視体制が不十分な現状

法律専門家のPreston Byrne氏が、ビットコインETFの承認は来年も厳しいとの見方を示した。

米証券取引委員会(SEC)が年内ビットコインETFを承認するのかという質問に対し、「承認されることはないだろう」と語った。リーガルテックを扱うLaw.comの取材で明かした。

私は今年も来年もいかなるETFも承認されることはないだろうと考えている。

人々が変化を起こそうとしているいくつかの例(先日非承認された米国債(T-Bill)も組み込むバスケット型ビットコインETFを指し)もあるが、実際に状況が変わるとは思わない。

なぜ、承認が得られないのか。Byrne氏は市場の監視が不十分であることを挙げた。

取引所が監督者とみなされていること自体が仮想通貨市場の問題点だ。これまで、インサイダー取引や犯罪捜査などが行われている中においては、公平な監督者(自主団体や政府部門)が必要だ。

私はSECが、ビットコインは少々“ワイルド・ウェスト”(未開拓)でETFを承認するに足る、適切な市場の監視が存在しない、という見方をしていると考えている。

また、規制が不透明だとの声がブロックチェーン関係者から上がっていることに対しては、規制は明確に示されており、規制当局が出すガイダンスなどをチェックし、技術に理解のある弁護士を雇うこともその必要性の一つとして挙げた。

先月27日、SECは再び市場操作などの不正行為への防止策が基準を満たしていないとして、Wilshire Phoenix社の提出したバスケット型の仮想通貨(暗号資産)ビットコインETFを「非承認」としている。

SECのコミッショナーで、「クリプトママ」の愛称でも知られるヘスター・パース氏は、SECはビットコインETFに対し、過剰な基準を求めており、承認する気が無いことを示していると発言。このような過剰な規制はイノベーションを妨げるものだとして非難している。

参考:Anderson Kill’s New Partner: Regulators Have Already Provided Plenty of Blockchain Clarity

CoinPostの注目記事

「現SECはビットコインETFを承認する意思がない」 米SEC理事が異議
米証券取引委員会(SEC)コミッショナーで「クリプトママ」の愛称でも知られるパース氏が、ビットコインETFを非承認としたSECの判断に異議を訴える。その観点とは?
速報 米SEC、バスケット型の仮想通貨ビットコインETFを非承認
米証券取引委員会(SEC)は27日、Wilshire Phoenix社の提出したバスケット型の仮想通貨(暗号資産)ビットコインETFを「非承認」した。その理由はこれまですべてのビットコインETFに対して指摘した点に一致する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら