CoinPostで今最も読まれています

「ビットコイン半減期」が一転 仮想通貨市場の懸念材料になる可能性

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

コロナショックと半減期の「ダブルパンチ」

新型肺炎(コロナウイルス)による記録的な金融市場の動向は、ビットコイン(BTC)市場にも多大な影響を与えていることは言うまでもないが、仮想通貨企業の業績にも波及する懸念が早くも生じている。

特に、BTC価格の急落が業績に直結するマイナー収益をひっ迫。5月には、マイニング報酬のBTCが半減する「半減期」が迫るなど、事態は深刻との見方も出てきた。

BTC価格が回復する見通しが立たなければ、仮想通貨マイナーはコロナショックと半減期のダブルパンチを食らう恐れがある。

「コロナショック」で一部マイナーが採算割れか

世界的な新型コロナの感染拡大を受け、混迷を極める世界経済。株や為替市場はリスク回避姿勢を強める形で、影響はビットコインも含めた金融市場全般に波及した。為替市場やダウ先物にも影響を及ぼす「指数売り」との相関が強めたビットコイン市場は、先週末の急落後も上値を重くボラタイルな相場を継続している。

前週比40%近い急落で、現物市場価格は60万円近くで推移。安価なコストとマシン供給ラインが確保できない一部のマイナーから、収益性が赤字に転落。稼働を停止した懸念が生じている。

マイナーは、基本的に採算がマイナスに転じたケースでは、例外を除いて稼働を停止する(赤字で掘り続けない)ことが過去事例やマイナーの証言から明らかになっている。blockchain.comによると、BTCのマイニング計算力を表すハッシュレートは、3月13日に前日比約20%減となった。

マイナーの損益分岐点は?

マイニング収益は、マイニング地域の電気代を含むコスト感やマイニング規模、使用するマイニングマシンによって、大きく損益分岐点に差が生じる。(留意点でもある)

損益分岐点の参考価格:マイニングプール「f2pool」が発表した試算によると、旧型モデル「Antminer S9」を使用した場合、損益分岐点は1BTCあたり7,518ドル(約80万円)。仮想通貨リサーチ機関TradeBlockの分析によると、最新モデル「Antminer s17 +」を使用した場合、1BTCあたり6,851ドル(約73万円)。

いずれにせよ、現在のマイナーの平均損益分岐点は1BTC 70万円から80万円と試算され、一部のマイナーは、今回の暴落で一時的に採算割れをしていることが推測される。

「BTC半減期」も価格下落続けばマイナーに打撃

さらにマイナーの頭を悩ませるのは5月のBTC半減期だ。

これは、半減期後にマイニング報酬として新規発行されるBTCが半減することで、より収益への影響が懸念されることが理由に挙がる。BTC価格が大幅に上昇しなければ、より多くのマイナーが赤字に転落する恐れがある。

採算割れによって撤退するマイナーが増加すれば、採算ラインを抑えられる大手マイナーにBTCネットワークが寡占化され、セキュリティリスクが高まる。2018年に見られたマイナー撤退と取引価格の続落といった、負のスパイラルを再現する可能性も懸念される。

一方で投資家から見れば、半減期はBTCの希少性が高まる絶好の投資機会だ。過去2回の半減期後には、BTC価格が大幅に上昇した歴史もある。

半減期後にBTC価格が上昇すると信じることができれば、マイナーは短期的に赤字を計上してでもマイニングを続けるだろう。マイニング報酬のBTCをしばらくの間貯蓄しておけばよいからだ。

重要なのは、マイナーが今後の価格上昇のストーリーを描けるかどうか。金融市場動向と合わせて、2ヶ月と迫る半減期も、違う側面から重要な材料として注視されることが予想される。

金融市場動向

米連邦準備制度理事会(FRB)は16日の臨時会合で、政策金利を一気に1%引き下げ、事実上のゼロ金利政策に踏み切る方針を決定。米短期国債と住宅ローン担保証券(MBS)を7,000億ドル(約75兆円)買い入れる方針も明らかにした。

一方、ダウ工業株30種平均など株価指数先物が下落。金融緩和で景気を下支えする姿勢を示したものの、事前の利下げ予想から織り込み済みと見られ、材料出尽くし感で売りに傾いた。金融市場も、下落に歯止めがかからない状況だ。

CoinPostの注目記事

速報 仮想通貨ビットコイン一時急騰 米FRBの緊急利下げ受け
仮想通貨市場は16日、日本時間6時にビットコインが急騰。56.4万から64.5万円まで、約1時間で8万円を超える上げ幅を記録した。
株の歴史的急落と相関強まる仮想通貨ビットコイン市場、意識されるマイナー損益分岐は
直近では、株や為替の影響や指数売りとの相関が強まっている仮想通貨ビットコイン市場。半減期を前にしたBTC価格の急落で、BTCマイナーの損益分岐点についても再び関心が集まっている。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07:20
グレースケール、来年向けの仮想通貨市況レポート公開
仮想通貨運用会社グレースケールは、2023年11月版の市況レポートを公開。2024年は複数の条件が重なることによって、ビットコインの価格に上昇圧力がかかる可能性があるとの見解を示している。
06:50
ビットコインETFの上場申請めぐり今週3社目のSEC面談、専門家が承認楽観視
米SECは、GBTCから現物型ビットコインETFへの転換申請について、今週29日に申請側のグレースケール(2度目)と会議を行ったことが判明した。仮想通貨ビットコインは年初来高値を更新した。
06:00
ソラナDEX「Jupiter」、仮想通貨JUP無料配布の事前確認ページ公開
ソラナ基盤の分散型取引所アグリゲーター「Jupiter Exchange」は独自トークン「JUP」の無料配布(エアドロップ)計画について、事前確認の公式ページを公開した。
12/01 金曜日
17:41
「暗号資産の投資状況と確定申告」に関する調査、年内取引で約7割が利益
Aerial Partnersが2023年の暗号資産取引調査結果を公開。ビットコインなどの現物取引だけでなく、PoS銘柄のステーキング利用度が高まりつつあり、利益を出している投資家増加に伴い「確定申告」の必要性も上がっている。
16:03
米投資会社タイガー・グローバル、BAYCやOpenSea投資の評価額を大幅下方修正
タイガー・グローバル・マネジメントが、有名なNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」(BAYC)と主要なNFTマーケットプレイスであるOpenSeaへの投資により、大幅な含み損を抱えていると報じられた。同社の直近の投資動向と報告内容についてまとめる。
16:00
「ビットコインがもたらす革命をSNSへ」Nostrasia特集を配信
第10回のGM Radio:Beyond The Priceは11月22日に公開。今回は11月に東京などで開催されたイベントNostrasiaを特集した。
14:00
「イルビウム」、eスポーツチームTeam Liquidと提携
Web3ゲームIlluviumは、世界最大級のeスポーツチーム「Team Liquid」と提携すると発表した。独自NFTのリリースやトーナメント開催を予定している。
13:21
4年越しの復帰、bitFlyerの加納CEOが“世界と戦う”ために求める人材は?
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するbitFlyer HD加納裕三CEOに独占インタビュー。bitFlyerの強みや求める人材、ビットコインETFの影響について注目される暗号資産市場の展望について伺った。
12:52
BAYCバーチャルバンド「KINGSHIP」、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでデビュー
高級NFTコレクションBAYC(Bored Ape Yacht Club)キャラのバーチャルバンド「KINGSHIP」をフィーチャーした「KINGSHIP Islands」が、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでプレイ可能になった。
12:40
ビットコイン38000ドル台復帰で年初来高値更新うかがう、ビットコインETF巡る報道続く
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインETF承認期待やFOMCの金利据え置き予想を背景に、BTCが高値更新を目前にしている。日足でアセンディングトライアングルを形成しており、ブレイクすれば4万ドルの心理的節目が視野に入る。
11:26
ビットコイン先物ETF「BITO」、運用資産額が過去最高値更新
米国初のビットコイン先物ETF「BITO」が運用資産で歴史的高値を更新。今年のBITOへの純流入額は11月24日時点で4億3,800万ドルであり、特に11月10日までの2週間で2億2,400万ドルが流入した。現物ビットコインETF承認への期待が高まり、BTC市場への機関投資は9週連続で純流入を記録している。
10:45
ビットコイン取引手数料で4億円超の過払い アントプールが返却へ
アントプールは、あるユーザーが過大に支払った83ビットコインの手数料を返却すると発表した。
09:45
大和証券ら4社、イーサリアムでST発行へ
大和証券グループは、パブリックブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行するPOCを実施すると発表。基盤には仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを活用する。
08:30
NYダウ今年の高値更新 10月PCEがインフレ鈍化示唆
米株指数NYダウは本日+520ドル超と大幅続伸。11月には今年の高値を更新し2022年1月以来の高値をつけた。一方、仮想通貨ビットコインの11月の上昇率は8.8%だった。
07:30
バイナンス、新たな機関投資家向けソリューション提供へ
仮想通貨取引所バイナンスは、機関投資家向けの新たなソリューショーンを発表。開発の目的やプロジェクトの現状を説明している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア