CoinPostで今最も読まれています

グローバル開発コミュニティのために「IOTA Ecosystem」が実装

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

IOTA Ecosystemとは?
IOTA EcosystemはIOTAコミュニティのために教育材料などの資源を作るために実装されたプラットフォームです。
成長とその代償
IOTAはここ数ヶ月で様々な前進(新たなパートナーシップなど)をしたと同時にいくつかの問題(ウォレットの使いやすさなど)にも直面しました。

2月7日、IOTAは公式ブログ投稿にて、「誰もが熱望する分散型未来の創造に努力している世界中の開発者、スタートアップ、愛好家、そしてイニシアチブの宿るプラットフォーム」の実装について投稿しました。

「IOTA Ecosystem」と名付けられたそのプラットフォームは「IOTAコアプロトコル上に作られたオープンソースDLTアプリケーション用の」developers.google.comと例えられていました。

そのようなイニシアチブに対し一部のトークン所持者は肩をすくめるかもしれませんが、技術とトークン価値が仮想通貨の長期的価値上昇において切っても切り離せないものであることは認めなければなりません。

IOTA Ecosytemの出現によるIOTA価値の短期的上昇は見込めません。

しかしIOTA Foundationが開発者のグローバルコミュニティと連動および成長を促進し続けているため、より早いIOTAネットワークの実社会採用が予想できます。

IOTA Ecosystem

システムの一部となるため、教育資源、IOTA開発者と組織およびスタートアップの「縁結び」、ハッカソン、そして博愛イニシアチブが選出されます。

さらに、コミュニティメンバーが個々の貢献度および他の開発者の信用性を決めるために利用する評価システムが実装されます。

IOTA Ecosystemは(21.7 TI(TIはIOTAトークンの大きい単位)の寄付から始まった)Ecosystem Development Fundによって資金供給されます。

当時は1TIの価値は約20万ドル(約2190万円)でしたが、今では3700万ドル(約40.5億円)まで上昇しています。

IOTAはもともと2017年5月のIOTA Ecosystem Fundの実装により、開発コミュニティを育てるつもりでした。

当時Ecosystem Fundは1000万ドル(約11億円)の価値があり、「 エコシステムの拡大および形作りへの参加の動機付けを通したIOTAの成長」を目的としていました。

開発者は今でもEcosystem Fundを通した資金供給申請ができます。

多くの出来事があったIOTA

IOTAにとってここ数ヶ月は多くの出来事があるタームでした。

自動推進分野のIoTツール開発用テストベッドネットワーク作成を理由とした、インターナショナル・トランスポテーション・イノベーション・センター(International Transportation Innovation Center – ITIC)とのパートナーシップなどを発表しました。

ほかにも詐欺ウェブサイト(偽ウォレットサイト)を通したIOTAウォレットの秘密鍵作成および盗難による400万ドル(約4.4億円)相当のIOTA損失についても反応を強いられました。

さらに一般的なトークン保持者にとってウォレットが複雑すぎると非難されたため、現在より使いやすい新たなウォレットを開発しています。

また最近では、台湾の首都である台北市、IoTを推し進めるTangleテクノロジーを有し、ベルリンの非営利団体でもあるIOTA Foundationとの提携、ブロックチェーンスタートアップであるBiiLabsとも提携し、アプリケーション重視のスマートシティに移行させるために協力して取り組んでいます。

台北市がIOTAと提携を組みスマートシティ移行を目指す
台北市は、IoTを推し進めるTangleテクノロジーを有し、ベルリンの非営利団体でもあるIOTA Foundationとの提携や、ブロックチェーンスタートアップであるBiiLabsとも提携し、アプリケーション重視のスマートシティに移行させるために協力して取り組んでいます。

$37 Million ‘IOTA Ecosystem’ Launched for Global Development Community

Feb. 8, 2018 by Rachel McIntosh

参考記事はこちらから
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア