CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ビットコイン、3日後に過去最大規模の難易度マイナス調整 半減期後の予想ケースでも注目

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン、3日後に最大規模の難易度マイナス調整

ビットコインネットワークは、3日後に過去最大規模の難易度調整を控える。現在のマイナーの収益性の悪化を解消することに繋がる見込みだ。

BTC.comのデータによると、次回の難易度調整で−11.35%を予定。2016年以降2番目に大きい調整が予定される。

長期的に上昇基調を維持してきたビットコインハッシュレートは、大幅な難易度のマイナス調整を経験したことは数少ない。10%ものマイナス調整となると、前回がチャート上の黄色の丸に相当する2018年末。その前は2014年まで遡る。

それだけ、ビットコインマイナーが大幅に赤字に転落するタイミングが少なかったことを意味する。一方で、コロナ危機に伴う価格の急落の影響を物語っていると言えるだろう。

2018年では、価格下落に伴い、ビットコインバブルに合わせて増加した中小マイナーの撤退が影響し、ハッシュレートも急落。撤退するマイナーの投げ売りが上値を重くした要因との見方も強まった。

今回も、コロナ危機に伴う世界同時株安に同調したビットコイン価格が急落したことで、採算が取れなくなったマイナーが稼働を停止した。

今回の問題点

状況を整理するために、今回の問題点を以下に羅列した。

  • 前回の難易度調整と価格の急落が最悪のタイミング
  • ブロック生成速度が長期にわたり遅延
  • 市場価格の急落から大幅な値戻しなく、半減期を控える可能性

前回の難易度調整と価格の急落が最悪のタイミング

まず、留意しておきたい難易度調整予想がマイナスに振れたことが意味するポイントは主に2点。

一つが、その期間でマイナーの収益性が悪化していること。もう一つが、それに伴いブロック生成速度が遅延していること。

ビットコインのマイニング時に行われる計算は、約10分間に1回行われるが、この割合で正解が導き出せるように難易度調整という調整ポイントが設けられており、ビットコインが新たに発行されるペースを維持する。

逆に言えば、その期間(難易度調整間)内は、ビットコインを採掘するマイナーの収益性が悪化する可能性があり、今回のような市場の急落が起こると、マイナーが一時的に撤退する事例に繋がる「マイナー撤退とハッシュレートの下落のケース」に発展する。

マイナーが撤退すると、ハッシュレートが低下することに繋がるが、難易度調整を迎えるまでは、前回のハッシュレートから算出した難易度に設定されるため、ブロックの生成自体が遅延する状況にも陥る。

今回のケースでは、この難易度調整のタイミングと相場急落のタイミングがかみ合わず、難易度調整後、数日で相場が急落したため、問題が長期化する要因となった。

具体的には、前回の難易度調整の時期は、2020年03月10日(火) の早朝5時。その2日後にビットコインの暴落が確認された。

ブロック生成速度が大幅遅延

一方で、難易度の調整が行われることは、ネットワークの状況(現在では収益化が悪化→マイナー一部撤退)をリフレッシュすることに繋がるため、今回大幅な難易度調整が行われることは、市場にも待たれるイベントであると言えるだろう。

しかし、問題は、高い難易度の中で、ハッシュレートが大幅に下落したことを受け起きている、ブロック生成速度の遅延。状況は深刻だ。

ブロック生成速度の問題を調査した海外ユーザーの内容によると、平均生成速度は一時13を超え、約60%増の状況に陥っている。

ブロック生成速度の遅延は、2016ブロックごとに調整タイミングを迎えるビットコインネットワークの次回の難易度調整時期の遅延にも繋がるため、より問題の長期化に繋がっている。

また、実行ブロックが規定されているビットコインの半減期も、今回のブロック生成遅延に伴い、実行日が後ろに押されている状況にある。

急落後から大幅反発なく、半減期を控える可能性

最後に、今回の『相場急落に伴い、マイナーの収益性が悪化』した事例。迫る半減期時の予想モデルになる可能性としても注目したい。

ビットコインの半減期は、上述したブロック生成速度の遅延で延期している状況にあるが、約2ヶ月後に控えている。

半減期では、報酬が半減することでマイナーの収益性が大幅に変化するイベントとなる。今回の相場急落と異なり、マイナーも織り込むことができる状況ではあるものの、半減期に向けた高騰どころか、市場が安値域にある中で、雲行きが怪しくなっている状況であると言っても過言ではない。

仮想通貨取引所gate.ioが公開した半減期とマイナーの動向、重要価格帯を調査した最新レポートによると、この現物価格の高騰は必須事項になっている。

マイニングマシンごとの最低利益水準を算出した「shutdown Price」によると、現在の報酬状況で算出したマイナーの撤退ラインで、最も高い収益性を維持するマシンで、Ebang communicationsのEbitMiner E11++の4752ドル(524,722円)。3月リリースのマシンCanaanのAvalonMiner1166では4963ドル(550,724円)と、現在の価格水準とほぼ同水準に。

一方、半減期後の「shutdown Price」では、これらのマシンで1BTC=1万ドルを超え、今後導入予定の最も高性能なマシンAntminerS19 Pro(Bitmain)でさえ、7234ドル(798,347円)と現在の価格水準より大幅な高値を維持する必要がある。

出典:Gate.io

今回の「shutdown Price」の算出での留意点は、電力コストが、0.5RMBで算出されている点と、デフィカルティが2週間ごとに3%増加することを前提として算出されたこと。

マイナーが確保できる中国での電力コストは、0.26RMB〜0.38RMB(約4.3円〜6.26円)あたりで推移している(f2pool談)ことを考えると、高いコストで算出されている可能性は考慮すべきポイントとなるが、最も収益性の高いマシンでさえ、厳しい状況であることを踏まえると、よりコストを抑えることができ、規模の経済を確保できる大手マイナーに軍配が上がる可能性は十分にあると言えるだろう。

今回のハッシュレート下落が、半減期後の一つの予想ケースになるか。半減期も控える中で難易度調整後の推移にも注目したいところだ。

出典:Gate.io

「ビットコイン半減期」が一転 仮想通貨市場の懸念材料になる可能性
コロナショックから波及したビットコイン価格の急落で仮想通貨マイナーの収益が大幅悪化。5月の半減期でさらなる収益悪化も懸念される。撤退業者が増加すれば負のスパイラルに陥る可能性も。

最新の仮想通貨市況

歴史的な採掘難度下落予想の仮想通貨ビットコイン、米株市場との30日相関が過去最大に
新型コロナの影響で米失業者数が平時の10倍となる200万人規模に達するとの試算もある中、仮想通貨ビットコインとS&P500の月間相関が過去最大規模に達した背景は。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧