CoinPostで今最も読まれています

アリゾナ州がビットコインによる納税を検討

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

アリゾナ州でビットコインでの税金支払いの法案提出
アリゾナ州で、ビットコインを税金支払いの方法として合法化する法案が議会に提出されました。アリゾナ州で提案された修正案が承認された場合、同州は2年後から税金をビットコインで集めることになるかもしれません。
仮想通貨を用いた納税のメリット及び、デメリット
ビットコインによる納税が可能になることで、納税が手軽に行なえるようになる一方、ボラティリティの問題などもあり、多くの人にとってはデメリットとなるのではないかと言う懸念の声も上がっています。

アリゾナ州はビットコインを税金支払いの方法として合法化する最初の州になるかも知れません。

ビットコインによる納税法案がすでに州議会に提出されており、その一つは既に上院財務委員会によって承認されています。

アリゾナ州は仮想通貨の普及に向け積極的な姿勢を示しており、その法整備にもいち早く乗り出している州の一つと言えるでしょう。

アリゾナ州の先進的な取り組み

仮想通貨を日常の決済通貨として認めるべく、アリゾナ州議会では法整備が着々と進んでいます。

同州では、所得税の仮想通貨支払いについて2つの法案が提出されており、その一方が1月中旬に上院財務委員会による審議を通過しました。

また、クラウドファンディング及びICOについての規制法案も新たに提出され、その1回目の審議が衆議院によって6月2日に行われる予定です。

共和党のJeff Weninger議員(以下、Weninger議員)はFox Newsからのインタビューで以下のように答えています。

アメリカ合衆国、引いては世界各国に先駆けて、アリゾナ州がブロックチェーン技術、仮想通貨の発展の中心地となることを期待しています。

Weninger議員は仮想通貨の秘めたポテンシャルを高く評価しており、10年以内に仮想通貨技術がインターネット同様の変革をもたらすだろうと述べています。

彼も携わった所得税の法案は、1月中旬に財務委員会にて4対3で可決されました。

Weninger議員は、この法案が可決することによって、「一般的なウォレット(財布)」を開く必要がなくなり、税金の支払いが容易になるだろうと強調しました。

彼は続いて「深夜でも、家でテレビを見ながらでも、場所、時間を問わずに税金を収められることが数年後には当たり前になっているでしょう。」と語りました。

メリット、デメリット

ケンブリッジ大学の研究によると、仮想通貨ウォレットを保有するアクティブなユーザーは、現在580万人にものぼることを明らかにしました。

そのアクティブなユーザーの1人であり、フェニックス市のビジネスマンであるJack Biltis氏(以下、Biltis氏)はFox Newsのインタビューに対し

自社では、給料をビットコインで受け取ることや、401k(確定拠出年金)の一部をビットコインに投資することも認可しています。

と語りました。

多くの従業員が在籍する会社を営むBiltis氏は、新しい仮想通貨技術が「既存の非効率的なクレジットカードや銀行システム」を代替することになるだろうと強調し、安価で、迅速な送金が仮想通貨で実現できると主張しました。

Biltis氏は、アリゾナ州がその技術を後押しする州になって欲しいと考えています。

一方で、アリゾナ州民主党のSteve Farley議員(以下、Farley議員)は、価格変動が激しいビットコインの納税により、多くの住民がリスクを負ってしまう可能性を危惧しています。

彼は、もしこの法案が可決されれば、州がその仮想通貨の取引に対して責任を負わなければならなくなるとも警告しました。

その税法の修正によって「一部の関心のある人々のみが恩恵を受け、その他大多数の人々が被害を被るのではないか」と主張し、納税者は法定通貨でのみ納税を行うべきだと意見しました。

しかし、ビジネスオーナーであるBiltis氏は仮想通貨決済の普及に対し前向きな姿勢を貫き、以下のように言及しています。

なにを始めるにも最初は恐怖を伴います。インターネットでもそうでした。しかし、世界のあり方は今後20年の間に大きく変わるでしょう。そして、その変化の中で成功できるのは、現在の変化を受け入れられる人々のみなのです。

仮想通貨普及に積極的な州

アメリカの多くの州が仮想通貨の法整備に対して明確な方針を打ち出せていませんが、アリゾナ州を始めとした一部の州では、法整備を含め積極的な姿勢を示しています。

カンザス州やテネシー州では、仮想通貨の売買取引を提供する上で、送金ライセンスを必要としない基本合意書を当局が発行しました。

Bitcoin Market Journal によると、テキサス州でも同様の取り組みが行われており、企業による取引所運営がライセンスを取ることなく自由に行なわれています。

モンタナ州では、仮想通貨の送金を規制した法案がなく、将来的にもビットコイン規制が行われる予定はありません。

news.Bitcoin.comによると、ニューハンプシャー州の知事であるJohn Sununu氏は、仮想通貨を使用する全ての人に対して送金社登録の免除を行う法案にサインをしました。

この州では、以前に仮想通貨を対象に厳格な規制が課されており、ビットコイン送金に限り免除がなされました。

もしアリゾナ州で税金のビットコイン支払いが合法になれば、アメリカでの仮想通貨普及がまた一歩前進することでしょう。

2年前にも同様の法案がニューハンプシャー州で提案されましたが、同様に激しい価格変動への懸念の声が多く上がり、否決されました。

ニューハンプシャー州の法案を提出した共和党州議会議員のEric Schleien氏は、仮想通貨からドルへの交換は自動的に行われ、仮想通貨のボラティリティに左右されることはないため、州や住民がリスク、コストを被ることはないだろうと主張しました。

アリゾナ州で提案された修正案が承認された暁には、同州は2年後から税金をビットコインで集めることになるかもしれません。

Arizona Closer to Accepting Bitcoin and Regulating ICOs

Feb 9, 2018 by Lubomir Tassev

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
12:00
DEA、ゲームギルドのYGG SEAと提携
DEAは8日、世界最大のDAO型ゲーミングギルド「Yield Guild Games(YGG)」のサブDAOである東南アジア拠点のYield Guild Games Southeast Asia(YGG SEA)との提携を発表。GameFiの市場拡大・普及を目的に協業し、マーケティング・プロモーションなどの活動を行う。
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧