ブラジル最大手証券会社傘下の仮想通貨取引所が閉鎖発表

ブラジルの仮想通貨取引所が閉鎖

ブラジルの仮想通貨取引所XDEXは31日、全サービスを終了すると発表した。

XDEXはブラジル最大手証券会社XP Investimentosが傘下にもつ企業。発表によると、現在の市場動向や規制環境、業界競争の激化を考慮し、閉鎖する決定に至ったという。顧客は発表から30日以内であれば、資金を引き出すことができる。

XDEXは2018年にローンチされた取引所で、親企業のXP Investimentosは数十億ドルの資産を管理している。

ブラジル国内では、XDEXに加え、OmniTrade、Latoex、Acesso Bitcoinと今年に入ってすでに4つの取引所が閉鎖を発表していた。これらの業者も、厳格化されつつある規制の遵守が困難になったことを閉鎖の要因とした。

CoinPostの注目記事

ブラジル中銀、仮想通貨にも対応した即時決済システム導入へ
ブラジル中央銀行が、QRコードを介して24時間年中無休で即時決済できるシステムをローンチ。仮想通貨にも対応すると報じられており、11月に稼働開始する予定だ。
規制の影響受け、仮想通貨取引所2社が閉鎖 ビットコイン取引量南米1位のブラジルで
南米一のビットコイン取引量とトレーダー数を誇るブラジルで、政府が発効した仮想通貨取引に係る規制施行の影響を受け、二つの取引所が閉鎖の窮地に追い込まれた。コンプライアンスコストが取引所の経営を圧迫した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用