バイナンスのVISA対応仮想通貨販売所、新たに5法定通貨追加 ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)が購入可能

バイナンスのVISA対応仮想通貨販売所

仮想通貨(暗号通貨)取引所バイナンスは、Visaのクレジットカードやデビットカードを利用した仮想通貨の直接購入サービスで、新たに5つの法定通貨に対応する。

新たに対応となる法定通貨は、コロンビアCOP、韓国KRW、ケニヤKES、カザフスタンKZT、ペルーPENだ。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、バイナンスコイン(BNB)、リップル(XRP)、バイナンスUSD(BUSD)、テザー(USDT)の6銘柄により多くの法定通貨利用者がアクセスできるようになる。

先日、同サービスではイスラエルやアルゼンチン、台湾やスイスのVisaカード取扱いも追加。また一部の国では、上記6銘柄の仮想通貨以外でもイーサリアムクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ダッシュ(DASH)、テゾス(XTZ)、ゼットキャッシュ(ZEC)も購入可能になった。

参考:バイナンス

CoinPostの注目記事

バイナンス、VISA決済で仮想通貨購入 新たに7法定通貨に対応
仮想通貨取引所大手バイナンスが、Visaのクレジットカードやデビットカードを利用した仮想通貨の購入サービスで、新たに7つの法定通貨に対応。世界からビットコイン(BTC)や、イーサリアム(ETH)などの仮想通貨の購入を促進させる。
バイナンスやBitMEX親会社など、仮想通貨企業7社に対する集団訴訟 有価証券販売・価格操作で
法律事務所のRoche Freedmanが、仮想通貨企業に対して、11件にも及ぶ有価証券の販売や市場操作に関する集団訴訟をニューヨーク連邦地裁へ提出したことがわかった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します