アップルとグーグル異例の提携、コロナ感染状況の調査技術を共同開発へ

アップルとグーグルが共同開発

米テック企業大手のアップル社とグーグル社が協力し、新型コロナウイルスの感染状況を追跡する技術の開発を行うことがわかった。

発表された共同声明では、以下のように語られている。

世界中の大学やNGOなど、数々の公共の保健機関がデータを共有する接触者の追跡調査に関する技術に取り組んでいる。

この技術をさらに追求するために、アップルとグーグルは、APIsやOSレベルの技術を駆使し、接触者追跡調査技術を可能とする包括的なソリューションを提供する予定だ。

緊急の需要に基づき、しっかりとユーザーの個人情報を保護しつつ、この計画を2つの段階に分けて実行する。

以下がその2ステップだ。

  • アンドロイド・iOSの両アプリで接触者追跡調査を可能とするAPIのリリース
  • Blutetoothを利用した接触者追跡調査プラットフォームの提供

上記した内容がいつ実行されるか、明確な期日は公表されていないが、今から数か月をめどに実行されると公表した文章には記述されている。

両企業は、今回の計画では、個人情報の保護や透明性、ユーザーからの同意の確保を重要視するとしつつ、調査を通して分析を促進するため、得られたデータは公開していく意向を明らかにした。

参考:Apple and Google partner on COVID-19 contact tracing technology

CoinPostの注目記事

コロナショック以降に相関強まる株価と仮想通貨ビットコイン
仮想通貨ビットコイン価格と米国株式市場(S&P株価指数)の相関係数は、3月中旬に発生したコロナショック以降から急上昇。正の相関が認められる0.5に達するなど、相場の性質が一変している。
政治プラットフォーム「PoliPoli」新型コロナウイルス政策の特設サイトを設置
次世代の政治プラットフォーム「PoliPoli」は6日、国会議員による新型コロナウイルス対策の政策に対して、国民の意見を直接届けることができる特設サイトを公開した。各議員の政策案を分かりやすく掲載する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します