仮想通貨ビットコインキャッシュ向けのアプリ開発プラットフォームが誕生

管理者のいないBCHプラットフォーム

仮想通貨(暗号資産)ビットコインキャッシュ(BCH)のためのウェブベースアプリ専用開発プラットフォームのローンチが発表された。

Signup.cashはBCHのウェブアプリケーションを作る際の問題を解決するために開発された。具体的には、サービスへの信頼の確保(秘密鍵を預けることができるか)や、トランザクション作成のやり方が不明、オープンソースの情報の少なさとの3つが課題となって立ちはだかってくる。

Signupは管理者がいないプラットフォームで、開発者がサービスの構想や、ユーザー体験の向上に集中できるよう、分散化アプリ作成のためのインフラをすべて提供していることが特徴となっている。

ユーザー側にとってはSignupはその名の通りログイン機能として目にすることになり、Signupが使用されているサイト、アプリを訪れると、Signupのログイン画面が表示される。

出典:「Signup」記事より

ユーザーはそこで自分のSignupウォレットにログインすることで、そのアプリ上の決済リクエストなどを簡単に承認・拒否することができる。

まだウォレットを作成していない場合は、そこからウォレットの作成に進むこともできる。

SignupはBCHブロックチェーンを知らない開発者もブロックチェーン技術を利用したサービスが開発できる環境を整えるためにつくられた。

ビットコインキャッシュは8日、初となる半減期を迎え、ブロック報酬は以前の半分となる6.25BCHと減額した。

半減期後のハッシュレート急落などのニュースが取り沙汰されているが、開発者やそのエコシステムは着実に歩みを進めているようだ。

参考:Bitcoin Cash

CoinPostの注目記事

ビットコインキャッシュの半減期後になにが? 2時間のブロック遅延も価格が上昇したワケ
仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)は8日、実行ブロック630,000で初めての半減期を迎えたが、状況は穏やかではない。ビットコインキャッシュの半減期から一夜明けた9日、マイナー動向や価格推移の状況が見えてきた。
仮想通貨市場急落、ビットコインキャッシュ・SVの「半減期」が影響
10日の仮想通貨市場は全面安。ビットコインは75万円を下回り、一時前日比6%安まで下げ幅を拡大した。BCHとBSVの半減期を迎えた仮想通貨市場、時価総額上位の半減期銘柄のハッシュレートの乱れに市場の警戒感が高まっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します