デジタル人民元がテスト運用開始か 大手国有銀行が専用アプリ公開

デジタル人民元のテストアプリ

中国の大手国有銀行『中国農業銀行』がデジタル人民元に対応するアプリのテスト版をリリースしたことがわかった。

TheBlockが入手したアプリのスクリーンショットによると、デジタル人民元(DC)の両替、ウォレット管理や、即時送金トラッキングなどのUIが表示されている。

出典:TheBlock

テスト版アプリであるため、現時点では「ホワイトリスト利用者」のみ試用できるとしている。

このようにアプリの画面が明かされたのは今回が初めて。デジタル人民元に関する最新の情報としては、3月に報じられた「中国の中央銀行が民間企業と協業し、デジタル人民元の基本機能の開発を完了した」との報道以来の内容で、実運用の試用期間へ移っている可能性がある。。

中国におけるデジタル人民元は、既存の決済システム(銀聯、網聯)の知見を活用できるスキームでの運用を考える個人決済用の中央銀行デジタル通貨。世界に先行した通貨のデジタライズ化を図る。

具体的な運用フローには、これまでのお金の仕組みと同様、一般金融機関を挟むニ層構造が適応されるため、今回のテスト運用がデジタル人民元の本格的なテスト運用段階であることが伺える。

二層の運営体制

-第一層:人民銀行⇒金融機関

人民銀行がDCEPを発行し、金融機関に卸す

-第二層:金融機関⇒エンドユーザー

金融機関を介してエンドユーザーにDCEPが行き渡る。

KYCを含むアカウント管理などは金融機関が行う。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用