米、5000億ドル規模の追加対策合意【新型コロナ】

米ホワイトハウスと議会指導部は21日、新型コロナウイルス対策で5000億ドル規模の追加対策で合意した。

経済対策は今回で第4段。すでに上院で可決しており、下院は週内に採決する見込み。23日には通過する方向だ。

追加対策の主なポイントは、中小企業向けの支援。中小の雇用対策費は開始2週間で上限に達していたが、追加資金で早期に支援を再開する。

追加対策

中小企業向け融資プログラム:3210億ドル

中小企業向け緊急災害融資プログラム(緊急補助金も):600億ドル

医療機関向け:750億ドル

全国的な新型コロナ検査:250億ドル

トランプ大統領は、今回の新型コロナ対策へ支持を表明し、議会に対して迅速に行動するよう要請。さらなる支援策(州・地方政府への資金支援や民主党が求めているインフラ投資など)に向け議論を進めるよう求めた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用