米商業銀行、仮想通貨業界からの預金額増加を報告 2020年Q1で

仮想通貨業界からの預金額24%増加

米メトロポリタン商業銀行のQ1決算報告で、仮想通貨企業からの預金額が第1四半期(1月〜3月)に24%増加したことが分かった。シルバーゲートバンク、シグネチャーバンクなどライバル銀行でも、仮想通貨業界の利用は近年増加傾向とみられる。

ニューヨークに本拠を置く米メトロポリタン商業銀行は、米国で仮想通貨業界にサービスを提供している数少ない銀行の1つで、仮想通貨取引所コインベース、仮想通貨決済企業ビットペイなどの大手顧客を有している。

約36億ドルの資産を管理するメトロポリタンは、第1四半期に新型コロナ危機対応で、貸倒引当金を2倍以上の480万ドルに増やしたものの、銀行全体の預金総額は、仮想通貨業界からの2500万ドルの増加を含め、前期と比べて2億3100万ドル(約248億円)増加した。

仮想通貨関連の顧客が預金全体に占める割合は、2019年第4四半期の預金総額の3.7%から、今期は預金総額の4.2%として1億2900万ドル(約138憶円)に上昇したという。

ただ、メトロポリタン商業銀行は、2018年第2四半期に仮想通貨関連企業からの預金額が約3億6900万ドルというピークを記録しており、今期は一年ぶりの増加だったものの、ピーク時には及ばなかった。

預金額低下は、2018年から2019年の仮想通貨市場の低迷や、銀行間での競争激化によるものとみられる。

ライバル銀行の状況

同じニューヨークを拠点とするシグネチャーバンクは、今年の第1四半期に、無利子預金が134億ドルで総預金の32%を占めたと報告している。一方、仮想通貨企業からの預金総額を公表していないものの、通常仮想通貨企業は、無利子預金口座の主要な持ち主である。

預金額全体は前期と比較して15%増加し422.4億ドルに。シグネチャーバンクのCEOのJoseph DePaolo氏は、預金額は3期連続して増加しており、2019年第1四半期末以降、預金は56億ドル増加し、平均預金は47億ドル増加したと明かした。

一方、決算報告によると、2020年第1四半期の純利益は9960万ドルで、前期より30%減少。これは新型コロナによる、6050万ドルの貸倒引当金繰入によるものだという。

また、シルバーゲートバンクでは、2019年第4四半期の終わりに、仮想通貨業界の顧客から12億ドルの預金があった。9月30日時点では、シルバーゲートバンクの18億ドル(約1970億円)の預金の約70%を仮想通貨関連企業が占めていた。第1四半期決算報告は4月29日に予定されている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用