新型コロナで仮想通貨企業の過半数が存続危機 政府に追加支援要請へ:スイス「クリプトバレー」

ブロックチェーン企業支援の基金設立を協議

新型コロナウィルスの感染拡大で、800社以上の仮想通貨及びブロックチェーン新興企業が集まるスイス・ツーク州の「クリプトバレー」が深刻な経済的打撃を受けている中、同州がスイス連邦政府と1億スイスフラン(約110億円)規模のファンド設立の協議に入っていることがわかった。地元紙SonntagsZeitungのインタビューを引用し、ブルームバーグが報道した。

ツーク州の財務局長Heinz Tännler氏が語ったところによると、このファンドは、地方自治体の拠出金と民間投資、並びに連邦政府の保証で構成されるという。なお、同氏は官民連携でスイスのブロックチェーン業界の競争力拡大促進に取り組む、スイス・ブロックチェーン連盟(SBF)の会長も務める。

倒産の危機に瀕する多数のスタートアップ

スイス政府は新興企業向けの緊急援助として、1億5400万フラン(約170億円)の信用保証を提供することを表明しているが、Tännler氏は、スタートアップの苦境を救うためには、この金額では十分ではないと述べている。

SBFが、3月31日から4月2日にかけてスタートアップを対象に実施した調査では、経済的苦境に陥った企業の深刻な現状が明らかになった。(203社が回答)

・88.2% 政府の援助なしにはコロナ危機を乗り越えられない
・79.8% 今後6ヶ月で倒産する可能性(80%以上の確率)が高い 
・56.9% すでに従業員を解雇
・90.7% 将来、従業員を解雇する必要がある

また、投資資金によって経営が成り立っているスタートアップ独特の経営環境も、事態を悪化させているようだ。政府支援による融資は企業の売上高と賃金に基づき決定されるため、申請しても受給できない企業が68.3%に上っている。

さらに資金調達ラウンドにあるスタートアップでは、コロナ危機により投資家が激減し、新しい資本を調達できないという悪循環に陥っているという。SBFは、コロナ危機によりスイスの新興企業が失う投資資金を10億フラン(約1100億円)と見積もっているが、厳格な審査に基づき、有望企業へ支給する相当額のイノベーション投資ファンド設立を求めている。

スタートアップ支援の重要性

一般的に、スタートアップが革新的な製品を生み出し、販売することで収入を得ることができるまでには3年から5年がかかると言われている。 それぞれのスタートアップが立たされている状況は、開発のどの段階にあるかによって異なるが、コロナ危機により、市場参入のチャンスも延期を余儀なくされていると、あるスタートアップ設立者は述べている。

そして、Tännler氏は、単なる「つなぎ融資」だけではスタートアップが財政的な窮地に陥ってしまうと警告している。

スタートアップからは、ツークバレーが「Death Valley=死の谷」となってしまうと恐れる声も聞かれているようだ。 一方、ドイツ政府はスタートアップのために20億ユーロ(約2327億円)の拠出を表明しているという。

スイスがどれほどの気概を持って、ブロックチェーン技術を支援していくのかが、今、試されている。

出典:Bloomberg


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します