サムスンのアプリストア、トロンのdAppsを取り扱い開始 ブロックチェーン技術の普及拡大へ

トロンのdAppsを取り扱い開始

韓国最大手サムスン電子のアプリストア「Galaxy Store」が、トロンのブロックチェーンを利用したアプリ(dApps)の取り扱いを開始したことが分かった。

本サービスの対象地域は米国と欧州。トロン専用のセクションも作られ、サムスンのデバイスを利用するユーザーは、トロン基盤のアプリを直接ダウンロードすることができるようになった。

現時点では「Blockchain Cuties」、「Super Player」、「Meerkat Mining」などのアプリが利用できるようになっており、今後も取り扱うアプリは増やしていく予定だ。

今回の発表によると、世界最大のアプリストアの1つであるGalaxy Storeで、専用のセクションを持つブロックチェーンプロジェクトはトロンが初だという。トロン財団は昨年10月、サムスンのブロックチェーン開発ツール「Keystore(SDK)」に統合されたことを公式に発表していた。

関連仮想通貨トロン、韓国サムスンの「Keystore」に追加

トロンの創設者Justin Sun氏は次のステップとして、Galaxy Storeとトロンのエコシステムの統合に取り組んでいると説明。「サムスンとの協業によって、ユーザーや開発者の間で、トロンのブロックチェーンの普及が加速するだろう」と期待を示した。

参考資料 : Business Wire


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します