ビットコインキャッシュ(BCH)、5月15日にハードフォーク実施

ビットコインキャッシュがハードフォークへ

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)は15日、ネットワークをアップグレードするためのハードフォークを実行する。

P2P形式の電子マネーとして普及を目指すBCHは、プロトコルの最適化やアップグレードを通してスケーラビリティの向上を一つの大きな目的に掲げたロードマップがある。今回のアップグレードでは、主に4項目の変更が行われる。

コンセンサスルール

1.スクリプト実行時に行う署名チェック方式の変更:「SigChecks」

2.文字列内のバイトを逆順にするオペコード「:OP_REVERSEBYTES」の追加

ポリシー

3.メモリプール内のトランザクションチェーンの制限を25から50へ変更

資金調達プラン

4.鉱夫活性化インフラ資金計画を支援

アップグレードハードフォークは、日本時間5月15日21時(UNIXタイムスタンプ:1589544000)を予定している。

今回のアップグレードに先駆け、BCHの開発を行う「Bitcoin ABC」は3月、開発を進めるために資金調達を開始することを発表している。電子マネーとして日常的にBCHを利用するユーザーの期待通りに機能するようなシステムを構築できるように、資金調達をしながら開発に必要なリソースを提供していくとした。

本資金調達プランは、マイナーや取引所、その他の企業にBitcoin ABCを支援する機会を提供しながら、明確な見返りも与えられるものであると説明している。

BCHは先月8日、ビットコイン(BTC)に先駆けて半減期を迎えた。採掘報酬が半分になり一部のマイナーが撤退、ハッシュレートやプールのステータスの低下も確認され、一時的にブロック生成が遅延するといった影響がみられた。

関連ビットコインキャッシュの半減期の影響

今回予定されるハードフォークでは、各取引所の対応に注意したい。国内大手取引所bitFlyerやコインチェックは、BCHの入出金の一時停止を予定している。アップデートハードフォークは、事前に公表されていたもので、通貨分裂の影響は低いと見られている。

参考資料 : Bitcoin ABC


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用