米コインベースPro、仮想通貨OmiseGOを新規上場

コインベースProの新規上場

米最大手仮想通貨(暗号資産)取引所コインベースProが、OmiseGO(OMG)の新規上場を発表した。

18日より、OMGの入金が開始予定。取引ペアは、OMG/USDとOMG/BTCとの2つだ。現時点で、ニューヨーク州の居住者はOMGの取引利用者対象に含まれない。

OmiseGOとは、日本人起業家の長谷川潤氏が2013年にタイのバンコクで設立した「Omise」が先進的な決済サービスを目指し、最初のフィンテック企業としてイーサリアムのコミュニティーに参加、発行したERC20のトークン銘柄だ。

2017年に分散化決済ネットワークを開発するため、ICO(イニシャル・コイン・オファーリング)で約28億円の資金調達に成功した。

オンライン決済サービスのOmiseや仮想通貨プロジェクトOmiseGoの親会社である『Omiseホールディングス』は30日、社名を新たに「SYNQA」へと変更することを発表している。

参考:コインベースPro


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用