20日の東京株式市場は前日の半値戻し/円相場は107円台回復し仮想通貨市場も堅調

20日の東京市場は日経平均終値-224.11円安の21925.10円と、22000円台を割る形で引けました。

東京エレクトロンや信越化学工業などの半導体銘柄が寄与度下位にランクインしたほか、前日の上昇を牽引していたファーストリテイリング、ファナック、ソフトバンクなどの値がさ株も一旦調整となったようです。

プレジデントデーで月曜日祝日となっていた米国市場の三連休明けの動向を見極めたいとの動向から、様子見姿勢が強い1日でした。

一方で、引け後から米国10年債利回りが上昇、それによりドル高円安が進行し、ドル円107円台に回復しました(17時50分現在)。

昨日の夜から米国債券利回り、ドル円、BTC/JPY(参考:ビットフライヤー価格)も比較的相関性がやや高く推移しており、緩やかながらBTC価格も回復貴重が続いております。

20日東京市場

日経平均株価終値(2/20) 21925.10円(-224.11円)

日経平均寄与度下位ランキング

ワースト1位 ファーストリテイリング-35.62円(-2.20%)

ワースト2位 ファナック-25.79円(-2.47%)

ワースト3位 東京エレクトロン-14.66円(-1.91%)

ワースト4位 ソフトバンク -8.57円(-0.86%)

ワースト5位 信越化学工業 -6.86円(-1.61%)

20日の東京市場は-224.11円と、4営業日ぶりの下落。

前日の+428円高のほぼ半値戻しの展開となりました。

ヨーロッパ株の下落を受けて、下落スタートではじまりましたが連休明けの米国市場の動向を見極めたいとの思惑から下げ渋る展開になりました。

20日の日経平均株価は前日の日経平均寄与度ランキング上位の値がさ株が一転して、寄与度が下位になったこと、半導体関連銘柄が売られる形となったようです。

一方で東京市場が大引け後、米国10年債利回りが上昇、ドル高円安で進行しました。

為替市場も落ち着きを取り戻しており、105円台を底値に徐々に回復しています。

仮想通貨市場も前日に引き続き堅調です。

昨夜からドル円、米国債券利回り、BTC/JPYと同じような動きをみせており、相関性は比較的高い動きをしております。

2月上旬の下落から徐々に回復を見せるマーケット。

東京市場でもさらにドル高円安が進み、リスクオンムードがさらに強まることで、仮想通貨市場の勢いも戻ってくる事でしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加