中国共産党、仮想通貨・デジタル通貨に関する読本を出版

中国の公式仮想通貨読本

中国共産党の公式教育機関「中共中央党校」は、仮想通貨やデジタル通貨に関する新たな読本「与领导干部谈数字货币」を出版した。タイトルの邦訳は、「共産党幹部と、デジタル通貨について語ろう」だ。

この読本は、共産党党員および一般市民向けのもので、お金の起源から、クレジットシステムの出現、そしてビットコインの誕生までそれぞれの歴史について説明した。ICOトークンを含む仮想通貨、ステーブルコイン、リブラ、デジタル通貨およびその取引まで幅広く紹介し、その性質やユースケースを分析している。

weixin.qqの報道によると、様々な内容をカバーするこの読本はグローバルデジタル通貨を中心に紹介するもので、バスケット型の旧リブラから変わった単一通貨について、ペッグする新生リブラが世界で利用し得るクロスボーダー通貨として、「人民元の国際化計画を阻害する可能性が考えられる」とする文章もあったという。

中国は現在デジタル人民元の発行計画および一部の地域・店舗における試運転などを行なっており、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を正式に発行する国として注目される。

仮想通貨の取引、ICO販売を全面的に禁止している中国では、この読本の出版は異例な内容だ。国内では禁止しているものの、グローバル的なトレンドを党員や国民に理解してもらう方針である可能性が指摘されている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用