テザーの時価総額がイーサリアムを抜くのは時間の問題=Bloomberg Crypto Outlook

テザーの需要が拡大

ブルームバーグは、仮想通貨(暗号資産)の最新レポート「Bloomberg Crypto Outlook 」にて、ステーブルコインのテザー(USDT)の時価総額が、時価総額2位のイーサリアム(ETH)を抜くのは時間の問題であるとの見解を示した。

USDTの時価総額は現在およそ90億ドル(約1兆円)で、先月リップル(XRP)を抜いて3位に浮上した。一方ETHの時価総額は220億ドル(約2兆4000億円)。まだ開きはあるが、USDTは世界の準備通貨として利用される米ドルにペッグしているため、利用が増加し続けていると述べている。

関連XRP(リップル)、CMCで時価総額4位に後退 テザーが3位に

資料内では、ゴールド(金)やビットコイン(BTC)に比べると米ドルの価値は低下傾向にあるが、依然として他の法定通貨よりも価値は高いと説明。

米ドルを利用する手段の1つとしてUSDTの需要が高まっていると述べている。以下は、USDTの時価総額(白)と他国通貨に対する米ドルの価値(ピンク)を示したグラフ。最近は、米ドルが強くなるとUSDTの時価総額が上昇する傾向にある。

また、仲介者不要で、他の仮想通貨と比べて価値が安定していることがUSDTをはじめとするステーブルコインの魅力だと説明。

相対的に、ETHはBTCに連れ高しないと価格の上昇が起きにくく、大きなトレンド転換がない限りは、USDTの時価総額がETHを追い抜く可能性が高いと述べている。

出典:ブルームバーグ(緑線がETH時価総額、白線がUSDT時価総額)

またブルームバーグは、米ドルにペッグしたUSDTがBTCの価格上昇を支えるとの見解も示した。同レポートの中で、BTCは2017年バブル期の最高値=約2万ドル(約218万円)を突破し、2.8万ドル(約300万円)まで上昇する可能性があると予想している。

関連ビットコイン、17年仮想通貨バブル越えの可能性あり=ブルームバーグ

価格上昇を支える根拠として、BTCの価格(黄色)とUSDTの時価総額(白色)の相関を示すグラフも掲載した。

参考資料 : ブルームバーグ


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用