CoinPostで今最も読まれています

AIが仮想通貨を含む金融市場を支配する日

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「機械学習(マシンラーニング)」を用いた予測が急発達
近年では、Googleの機械学習を活かした「フライトの遅延予想」や、「仮想通貨の市場変動」が予測されるケースが増えてきました。
仮想通貨にもAIの時代
人工知能(Artificial Intelligence; AI)は、すでにヘッジファンドの業務である取引や資産運用などを引き継ぎはじめており、このまま発展することで、近い将来「仮想通貨市場を支配」する可能性もあります。

アルゴリズムの台頭

ここ数年の間、私たちは”予測精度”を向上させるため、データサイエンスを幅広く採用するようになりました。

その結果、驚異的な進歩を遂げ、さまざまな業界に革命をもたらしています。

特に「投資業界」への影響は大きく、浅い知識や研究ではもはや通用しません。

時代を先取りしたいのであれば、相応の取り組みが必要になったのです。

機械学習を用いた予測と適正化

「機械学習(マシンラーニング)」は、今年最もホットな流行語の一つとなっています。

よく誤解されがちですが、「機械学習(Machine learning)」と「人工知能(AI)」は別物です。

機械学習は人工知能の一種ではありますが、コンピューターシステムが新たなデータを取得するたびに、「学習、改良、そして本質的な進化」させるものになります。

世界的なIT企業である「Google」は、すでに”フライトの遅れを予測”するために機械学習を利用しています。

例えばフライトを予約する際、AIによって過去のフライトの遅れをリサーチ、原因(悪天候や遅着など)を詳しく調査します。

十分な情報が一致して、遅延の可能性が高いと判断された場合、その情報は顧客の検索結果に表示され、予約前のユーザーに警告を行うことができます。

機械学習の恩恵を享受しているのは、もちろん「Google」だけではありません。

教育、医療、旅行、ビジネス、マーケティングを含む、さまざまな業界に革命を起こしているのです。

仮想通貨業界のマシンラーニング

仮想通貨界においても、パイオニアが道を開いています。

Silo」は、24時間ごとに市場の95%を占める仮想通貨を見分けるため、市場変動およびブロックチェーンを解析するようなアルゴリズムを開発しました。

このアルゴリズムは、機械学習以外にも幅広く採用されており、信頼度の高い通貨のリアルタイム解析に基づいています。

これにより、仮想通貨社会の信憑性や、どの通貨が採用されているかといった本質的な部分がわかります。

最後に、アルゴリズムはトークンを分散購入します。

それにより、1つのSiloトークンが、数十種類の原資産(BTC、ETH、NEO、Qtum、など)を有し、最初から流動性を持つことになります。

人工知能(アルゴリズム)で利益を最大化

昨今の仮想通貨ブームにより、大勢の新しい投資者が新規参入してきました。

しかし、取引に不慣れな投資家たちが投資先に関する正確な情報を得ることは容易ではなく、その結果、大勢が損失を出してしまいます。

投資すること自体にリスクがある上に、最近ではICO詐欺も増えているという現状があります。

そのため、Facebookを含むソーシャルネットワークは、ICO広告を全面禁止することを決定しました。

ユーザーをサポートするために、一部の企業では機械学習を利用して、よりスマートで迅速な投資判断を行えることを目指しています。

大手ブロックチェーンベンチャー企業「Signals」は、ユーザー自身にアルゴリズム・トレーディングモデルを作成させることで、仮想通貨取引に革命を起こそうとしています。

このモデルの作成には、機械学習に対する予備知識や、プログラミングの技術を必要としません。

最初のステップとして、ユーザーは複数のインジケーター(指標)を選択し、それらすべてを組み合わせるだけで済むのです。

これにより、成功率を評価するためのトレーディングモデルを投資前にテストすることができます。

一定のプログラミング知識があるデータサイエンティストおよび開発者であれば、全く新たな収益システムが開かれる可能性があります。

一から新たな取引インジケーターを開発し、「Signals Indicator Marketplace」を通してほかのユーザーにアクセス権限を与えて収益化させることができるのです。

このプラットフォームの最終目標は、ユーザーが取引選択を最適化するため、リアルタイムデータをもとに作成した取引モデルにより、利益を得る機会を提供することです。

仮想通貨業界を席巻する人工知能(アルゴリズム)

あなたがこの数年間、情報から隔離された山奥などに住んでいない限り、人工知能(アルゴリズム)の影響がますます強まっていることについて十分実感しているはずです。

人工知能は、すでにヘッジファンドの業務を引き継いでおり、膨大な数の資産運用、資産売却および取引業者の雇用を奪おうとしています。

実際に、人間の従業員を人工知能に置き換えることを決定したヘッジファンドは、人工知能(アルゴリズム)を取り入れてない競合他社を大幅に上回る成果を上げています。

仮想通貨ヘッジファンドの発展と繁栄に伴い、人工知能(アルゴリズム)を利用した取引技術が、仮想通貨市場を支配するのも時間の問題かもしれません。

HOW MACHINE LEARNING COULD REINVENT THE WAY WE INVEST IN CRYPTOCURRENCIES

Feb. 20, 2018 by Pini Raviv

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧