中部電力ら3社がブロックチェーンを利用した電気自動車等の充電に係る新サービスを実験

ブロックチェーンを利用した電気自動車充電履歴管理などの新サービス
3/1にインフォテリア、中部電力、Nayutaの3社が電気自動車、プラグインハイブリッド車の重点履歴をブロックチェーン管理する技術の実証実験を実施しました。
電力会社も含めた大手企業が仮想通貨及びブロックチェーンに着目
LINE、楽天、メルカリ、マネックス証券、SBI、各メガバンクなどがこの業界への参入を検討しています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ブロックチェーンを使った電気自動車等の充電に係る新サービスの実証実験の実施について

  • インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野 洋一郎、以下「インフォテリア」)
  • 中部電力株式会社(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲、以下「中部電力」)
  • 株式会社 Nayuta(本社:福岡市中央区、CEO:栗元 憲一、以下「Nayuta」)

以上の3社は、2018年3月1日より、中部電力の技術開発本部(名古屋市緑区)において、電気自動車やプラグインハイブリッド自動車(以下「EV 等」)の充電履歴をブロックチェーンで管理する技術の実証実験を実施すると発表しました。

今回の実証実験では、Nayuta が開発した、ブロックチェーンに対応した充電用コンセントと、インフォテリアが開発したスマートフォンアプリをインターネットや Bluetooth でつなぎ、「いつ」「誰が」充電したのかという EV 等の充電履歴をブロックチェーンに記録して、セキュリティを担保しながら管理する技術の検証を実施します。

この技術により、少ない導入費用で信頼性の高い充電管理システムを運用することが可能になり、例えば集合住宅のオーナーに EV 等の充電設備を安価に導入するなど、新たなサービスに繋がる可能性がある、とのことです。

3社は今後、今回の実証実験で抽出した技術的課題の解決を図り、顧客に利便性をお届けするサービスの開発につなげていく目標を明らかにしました。

業界問わず大手企業が仮想通貨やブロックチェーンに注目し始める

中部電力は、2017年12月から独自仮想通貨「カフェエネコイン」を用いた実証実験を開始していました。

1コイン=1円相当のカフェエネコインをアプリ内で使うことで、社内のコーヒー代金に充てることが可能となっていました。

中部電力が仮想通貨を用いた電子決済アプリを開発
中部電力が、仮想通貨を用いた電子決済アプリを開発。社内におけるコーヒー代金の支払いや、ユーザー間の通貨交換に使う実験を行うほか、将来的に「余剰電力を個人間で売買可能にするシステム」の構築を目指しています。

中部電力以外にも、熊本電力がマイニング事業に参入発表したニュースも話題になりました。

熊本電力はこれにより業界最安値の電気代を目指す他、顧客に応じた最適なマイニング環境の提供やクラウドマイニングの提供を発表しました。

熊本電力がマイニング事業参入/電気代業界最安値を目指す
熊本電力株式会社が仮想通貨マイニング事業を展開する関連会社OZマイニング株式会社を設立しました。業界最安値の電気代を目指す他にも、顧客に応じた最適なマイニング環境の提供やクラウドマイニングの提供を発表しています。

その他にもLINE、楽天、メルカリ、マネックス証券、SBI、各銀行など、業界問わず大企業からも注目を集めています。

このように、ブロックチェーンは非常に大きな期待を寄せられている技術と言えるでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用