バイナンスが中国国有企業と提携、ブロックチェーン利用のインフラ整備へ

バイナンスが中国国有企業と提携

Binance China Blockchain Instituteは3日、SASACが保有する中国国有企業Zhongshang Beidou(中商北斗)と戦略的パートナーシップの締結を行ったことを公表。ブロックチェーン技術を活用したアプリケーションおよびサプライチェーンのデジタルインフラの構築を目的とする。

SASAC(国務院国有資産監督管理委員会)とは、2003年に中国の国有企業を管理・監督することを目的に設立された中国の政府機関で、国有企業の役員・経営陣の任命や株式・資産の売買、国有企業に関する法令の起草などを業務としている。

このパートナーシップで、両社はブロックチェーン技術を用い、サプライチェーンインフラの構築やブロックチェーン業界のイノベーション促進、中国のデジタル経済の発展などを目指し、共同でリサーチ作業や合同プロジェクトなどを進めていくとした。

Zhongshang Beidouの代表を務めるHongtao Duan氏は、今回の提携について以下のように語っている。

情報産業化を通じて業界の資本化を推進し、中国に拠点を置くブランドを資本市場および世界市場に広めたい。

ブロックチェーン技術をサプライチェーン業界に導入することで、中国国内のビンテージブランドや農業ブランドの保護・再生を図っていくことが可能だ。

今回提携を結んだBinance China Blockchain Instituteは、今年三月にバイナンスアカデミーが上海の臨港新区に設立したブロックチェーン技術産業研究所で、以前より現地パートナーなどと産業応用などを進めていく方針を明らかにしていた。

最近では、北京政府は2020年から2022年の行動計画を策定。この2年間で中国でブロックチェーンを完全導入する初めての市になることを目指している。

このように、現在中国ではブロックチェーン技術といった最新技術の活用事例の輩出の支援を積極的に打ち出すなど、中国政府の支援を受け事業を推し進めるシーンが散見されている。

参考:Binance Blog


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用