ディスカバリーチャンネル、仮想通貨のドキュメンタリーを放送開始

ディスカバリーで仮想通貨の番組開始

アメリカの人気ケーブル・衛星テレビ局、ディスカバリーチャンネルが7月4日に仮想通貨に関するドキュメンタリーを放送開始した。

番組タイトルは「Open Source Money(オープンソースマネー)」で、制作費用100万ドル(約1億円)を完全に仮想通貨で資金調達している。

8月1日まで毎週一回、計5つのエピソードが公開される予定だ。

仮想通貨・ブロックチェーンのグローバルな進展について紹介し、特にディズニーが開発したとして話題になった「Dragonchain(ドラゴンチェーン)」に焦点を当てている。

仮想通貨ドラゴンチェーン(DRGN)はイーサリアムのERC20トークンを使用、C言語、Java、Pythonなど一般的な言語でスマートコントラクトを開発することが可能だ。

尚、ドラゴンチェーン財団は現在すでにディズニーから離れた独自組織としてプロジェクトを進めている。

「オープンソースマネー」の大きなテーマの一つは、米国の仮想通貨やブロックチェーンに関する規制のあり方である。

ドラゴンチェーンのICOや米国証券取引委員会(SEC)とのやり取りを映し出す中で、米国の複雑な規制によって、革新的な技術の進展が妨げられていることも問題として浮かび上がらせた。

各エピソードには業界の著名人も出演。Eコマースでビットコイン決済を進めたパトリック・バーン、仮想通貨億万長者ブロック・ピアス、ジョールーツなどが登場する。またディズニーや、フェイスブックなどがブロックチェーンに関して果たし得る役割にも触れる。

ディスカバリーは巨大メディアであり、米国に8100万人、カナダに600万人の視聴者を有する。また2019年のデータによると、ディスカバリーネットワークには世界中で4億5000万人を超える視聴者がいる。

今回のドキュメンタリー放送は、国際的に仮想通貨の認知度上昇に寄与しそうだ。

仮想通貨ドラゴンチェーンを視聴者プレゼント

番組では視聴者に、仮想通貨ドラゴンチェーンをプレゼントするキャンペーンも実施している。

応募するには、まず今週の質問をYouTubeのドラゴンチェーンチャンネルか、ポッドキャストで確認する。その次に「オープンソースマネー」本編を視聴して答えを探し、インターネット上のフォームから送信するかたちだ。

ウィークリープライズとして2014DRGN、グランドプライズとして50万DRGNが用意されており、毎週「オープンソースマネー」の放送後に、ウィークリープライズの受賞者が発表されるという。

18歳以上で、居住国の法律規制に準拠し、米国財務省国外資産管理局の連結制裁リストに記載されている国に居住してはならないという以外に参加制限はなく、米国外からでも応募できるとみられる。

サトシナカモトが主人公のブラックコメディーも

最近、ビットコインを扱う映画として話題になったものには「Decrypted」がある。英国の会社が製作中のブラックコメディーで、ビットコイン発案者であるサトシナカモトが政府にビットコインの破壊を要求されるというあらすじだ。

関連:政府が仮想通貨の破壊をサトシナカモトに要求──ビットコイン題材の映画誕生へ

この映画も、資金調達は仮想通貨によって行われた。

さらに、仮想通貨を使用した動画プラットフォームである、Livetree、Breaker、Movieschain、Cinezenなどで放映することも予定、2020年末を公開目標としている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用