政府が仮想通貨の破壊をサトシナカモトに要求──ビットコイン題材の映画誕生へ

サトシナカモトが登場するコメディ映画制作中

ビットコインの登場する映画が、また一つ誕生しそうだ。映画タイトルは「Decrypted」、英国の制作会社が撮影を進めるブラックコメディーで、ビットコイン発案者として知られる「サトシナカモト」が主な登場人物の一人である。

「サトシナカモト」役を務めるのは、日系人で米国出身の俳優Akie Kotabeで、ビットコイン発明者を演じる。

あらすじは、サトシナカモトがアメリカ国家安全保障局(NSA)に誘拐され、政府が仮想通貨を破壊するのに協力するよう強制されるというもの。国家が仮想通貨を脅威とみなし、解体しようとしているという世界の物語だ。

政治的な要素を含んだ「とんでもなく挑発的なブラックコメディ」であり、リベラル、フェミニスト、性差別主義者、人種差別主義者、同性愛嫌悪者など、様々なイデオロギーや偏見を持った者達が尋問され、それぞれの真実を告白しあうと結果的に団結することになる様子をコミカルに描く。

プロデューサーと脚本家は仮想通貨支持者であり、資金調達も仮想通貨を使用して行われているという。プロデューサーのPhil Harrisは次のように述べた。

本作を映画業界の仮想通貨革命の一部にしたかった。まずはクリプトを使用した動画プラットフォームで公開する予定だ。

仮想通貨を使用した動画プラットフォームとしては、Livetree、Breaker、Movieschain、Cinezenなどが候補に挙がっているという。

ただ最終的には映画の権利をNetflixやAmazonプライムなどの主要なプラットフォームに販売することを目指している。

映画の公開目標は2020年末となる。現在、新型コロナ危機により撮影は中断しているものの、約7割はすでに撮影済で、編集作業を進めているとのことだ。

様々なイメージで登場するビットコイン

近年、ビットコインを始めとする仮想通貨が映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの題材として取り上げられることも増えた。

仮想通貨は正負両面から取り上げられており、例えば2019年に北米で公開された「クリプト」は、ビットコインをテーマとしたハリウッド初の映画で、BTCによる資金洗浄にまつわる犯罪アクション映画を公開した。

ハリウッド初のビットコイン映画、米国の一部劇場で公開開始
ビットコインや仮想通貨を中心とした初のハリウッド映画として注目を集めていた「クリプト(Crypto)」が先週金曜日にニューヨークなど一部の劇場で公開を開始した。

一方、Amazonプライムのドキュメンタリー「バンキング・イン・アフリカ:ビットコイン革命」は、インフラ不足、高額な送金手数料や貧困などアフリカ南部で存在する課題に対して、人々が仮想通貨を用いて乗り越えようとしている様子を描く物語を映画で伝える。

アフリカの「ビットコイン革命」を描くドキュメンタリー Amazonプライムで公開へ
Amazonプライムで、アフリカの「ビットコイン革命」を描くドキュメンタリーが公開へ。インフラストラクチャーの不足、うまく管理されない経済、高額の送金手数料、貧困などアフリカ南部で広く存在している課題について、人々が仮想通貨を用いてどのように乗り越えようとしているかを描く。

また、中立的な交換手段として登場することも増えている。今年2月には、著名アニメ「ザ・シンプソンズ」シーズン31でブロックチェーンが仮想通貨を支えている方法が紹介された。

2018年に配信開始されたSFテレビドラマ「オルタード・カーボン」シーズン2では、仮想通貨は一般的な価値交換手段として登場。ビットコイン、ライトコイン、イーサリアムその他のロゴが画面に映る場面があった。

こうしてエンタメ業界で取り上げられることで、さらに社会における仮想通貨に対する認識は広がっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します