CoinPostで今最も読まれています

クリプトリンクの「SNS×ポートフォリオ×LINE」機能とは|仮想通貨の資産管理をラクに楽しく!開発本部長インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨の資産管理をラクに楽しく

皆さんは、仮想通貨の資産管理どのようにしていますか?

取引所のウォレットですと他の取引所の残高は把握できませんし、ご自身のウォレットでも多くの通貨を網羅しているものはあまりありませんよね。

仮想通貨の複数のウォレットのポートフォリオをまとめて確認できるアプリやツールがあるのはご存じでしょうか。

仮想通貨・暗号資産の収支計算・管理プラットフォームを開発・提供しているクリプトリンク株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:八木橋泰仁 以下「当社」)では、収支計算のサービスと共に、無料で使えるポートフォリオサービスも提供しています。さらに一歩進んだサービスとしてポートフォリオ機能をSNSやLINEと連携することもできます。

  • 16取引所と5ウォレットのAPIを取得してポートフォリオ表示(2020年6月現在)
  • 時価評価額や構成率をSNSでシェア
  • LINEで毎日の残高変化を通知

クリプトリンクでは、仮想通貨の資産管理をより楽に把握&共有して楽しむことができます。

そこで今回は、クリプトリンク広報の新井が、開発本部長の横山にクリプトリンクのポートフォリオやSNS、LINE機能の狙いと魅力についてインタビューしてみました。

新井一真(広報) 横山孝良(開発本部長)

SNSシェアで仮想通貨を保有する楽しさを共有できる

新井: クリプトリンクではポートフォリオ機能を提供していますが、どんな特徴があるのでしょうか?

横山: クリプトリンクのポートフォリオ機能は、取引所が発行するAPIやウォレットアドレスの登録を行うと、資産状況の確認の確認をスマートフォンからでも見ることができます。

※現状APIやウォレットアドレスの登録は、PCからのみとなっています。

ポートフォリオ機能

スマートフォンからでも、このように資産推移も資産構成もどちらも簡単に確認することができ、自分の資産がどうなっているのか一目で分かるようになっています。そしてクリプトリンクではさらに、「SNS×ポートフォリオ」の機能として仮想通貨の時価評価額や構成率をSNSでシェアすることができます。

新井: SNSでわざわざ自分の資産をさらすのってどんな狙いがあるんですか?

横山: 仮想通貨の損益や資産推移のスクリーンショットなどをSNSに投稿しているのを見たことがある人も実際にはいるのではないでしょうか。私は見ています(笑)

そんな投稿をして楽しんでいる人たちを見て、クリプトリンクで自分の資産構成をSNSでシェアでき、「こんな感じで仮想通貨を買ってるよー。」「みんなのポートフォリオはどうなってるの?」などと仮想通貨をもつ楽しさを拡げるツールとして利用してほしいと思い開発しました。

SNSでシェア可能

新井: SNSで自分のポートフォリオを共有することで、仮想通貨を持つ人同士で繋がれるってことですね。

横山: そうですね。やはり他の人のポートフォリオが気になる人ってけっこういると思っています。現在はTwitterとFacebookで資産構成をシェアできますので、ぜひ多くの人に使ってみてもらいたいですね。ぜひ見せびらかしてください!私も見たいです!

放ったらかしの仮想通貨の残高もLINEでラクに確認できる

新井: クリプトリンクでは、LINE公式アカウントも作っているようですが、LINEではどのようなことができるのでしょうか?

横山: クリプトリンクでは「ポートフォリオ×LINE」の機能として資産の増減を毎日LINEで通知させることができます。他のツールでポートフォリオ機能を使っている人でも、資産残高を毎日のようにチェックできるという人はあまりいないと思います。

しかし仮想通貨は相場が急に動くことが多く、ボラティリティも大きいのが特徴です。仮想通貨の突然の高騰や暴落を把握し、対応していくことも大切ですよね。

そこで、クリプトリンクではLINEとのアカウント連携を行ない、クリプトリンクでAPI登録した取引所やウォレットの資産残高を毎日LINEで通知させることができます。

ポートフォリオ×LINE機能

新井: 毎日、LINEで資産残高をお知らせしてくれるというのは、便利で嬉しいですね。

横山: 現在の時価評価額とともに前日比も見ることができるため、昨日と比べて自分の資産が増えているのか減っているのかが一目で分かります。前日比って意外とあると便利ですし、「昨日より資産が増えているかな?」とチェックするのはけっこう楽しいですよ。

また、LINE上で「ポートフォリオ」と入力すると、コイン毎のさらに詳しい時価評価を見ることができます。

各コインの時価評価一覧

仮想通貨を長期保有している人は、昔買った通貨を放ったらかしにしていて、時価評価が現在どうなっているのか分からないという人も多いと思います。そのような場合でもクリプトリンクのLINE連携なら、自動で毎日資産推移を通知してくれるため、仮想通貨資産の把握をラクに行うことが可能です。毎朝が楽しみになりますよ!

年末や確定申告時期に後悔しないために

新井: ポートフォリオやSNS、LINE機能の他に、クリプトリンクのサービスをより使いやすくするために心掛けていることはありますか?

横山: クリプトリンクでは、ポートフォリオ機能だけでなく仮想通貨の収支計算ツールも提供しています。

仮想通貨の収支計算ツール

今後は「ポートフォリオ×収支計算」の機能として、現在の時価評価額の表示とともに現時点での確定収支の表示をさせ、LINEで通知する機能も追加していく予定です。意外と知らない人が多いですが、仮想通貨の場合、マイニングや配当(ボーナス)、ステーキングの報酬をもらうと、受け取り時点のレートで収支計上されてしまいます。

そのため、マイニングや配当(ボーナス)をもらっている人は仮想通貨を売買していないのに予想以上にプラスの収支が出てしまっている….という可能性がかなり高いです。年末や確定申告時期に初めて収支計算してみて、その収支合計に驚く人も多いですが、その時にはもうどうしようもありません。

そういった事態にならないために、私たちも確定収支の表示や通知機能の拡充を行なっていきます。

新井: クリプトリンクを利用しているユーザーが収支計算で困らないためには何をすればいいのでしょうか?

横山: 年末や確定申告時期に1年間の収支計算をまとめてやろうとすると、取引データのダウンロードや収支計算が多くて面倒だったり、計算させてみると「え、意外と収支が出てるんだけど…」ということになってしまったりします。

ですので、月ごととか半年ごととか早めのタイミングで収支の確認し、定期的にチェックを行うようことが大事ですね。今後も、ユーザーの方にとってご利用しやすいサービスを開発してまいりますのでぜひクリプトリンクをご活用いただければ幸いです。

クリプトリンク公式サイト:https://cryptolinc.com/

【企業情報】

クリプトリンク株式会社

・代表取締役:八木橋泰仁

・所在地:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋三丁目9番7号 飯田橋丸ビル3階

・資本金:6,200万円(資本準備金を含む)

【お問い合わせ先】

クリプトリンク株式会社(担当:酒井)

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア