野村HDとSBIHDがセキュリティトークン領域で提携、野村傘下のBOOSTRYに出資へ

野村とSBIがセキュリティトークン領域で提携

SBIホールディングス株式会社は22日、野村ホールディングス株式会社、および株式会社野村総合研究所と、野村ホールディングスが保有する株式会社BOOSTRY株式の一部譲渡、およびBOOSTRYの運営・事業にかかる業務提携に関する基本合意書を締結したことを発表した。

BOOSTRYへの出資比率は、野村ホールディングス56%、NRI34%、SBIホールディングス10%。野村傘下のBOOSTRYは、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)プラットフォームを運営する。

各社が有する知見、技術力、人的資源その他のリソースを活かし、日本国内において共同でセキュリティトークン等の取引基盤の導入および取引の実現を支援する事業(デジタルアセット関連事業)について、BOOSTRYを通じて推進することを目的とした本提携の基本事項に合意した。

本提携により、SBIHD、野村ホールディングスおよびNRIは、各社のブロックチェーンおよびセキュリティトークンに関するノウハウや経験を共有し、BOOSTRYのセキュリティトークン事業の拡大に向けて協働することを目指す。

「BOOSTRYの提供するトークン基盤は共同利用でき、これを広くかつ迅速に普及させることで、業界の健全な発展に貢献できるものと期待している」とした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します