カルロス・ゴーン氏の日本脱出費用、ビットコイン(BTC)で送金 5千万円相当

5000万円超のビットコインを支払い

元日産自動車会長のカルロス・ゴーン側が、日本からの逃亡を補助した者に報酬として50万ドルをビットコイン(BTC)で支払っていたことが判明した。

昨年12月に、突然日本からレバノンに脱出したことを明かして世間を騒然とさせたカルロス・ゴーン氏。2018年11月に金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、保釈中の出来事だった。

米国の検察官が法廷に提出した文書によると、ゴーン氏の息子が、脱出を助けたピーター・テイラーに、仮想通貨取引所である米国のコインベースを通じてビットコイン(BTC)50万ドル(約5300万円)を支払っていた。

ゴーン氏が12月29日に脱出に成功した後、1月から5月までの期間で分割払いされていた。

この他にも、ゴーン氏は関西国際空港からの脱出と、レバノンへの移転のサポート費用として合計で136万ドル(約1.4億円)をピーター・テイラー氏および、その父親で元米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)隊員のマイケル・テイラー氏に支払ったと伝えられる。

テイラー親子に日本政府が引き渡し要請

テイラー親子は5月に日本政府の要請により米国マサチューセッツで逮捕され、現在拘禁中である。また今月2日に米当局は、日本側から正式な引き渡し要請があったことを明かした。

犯罪人引渡条約に基づくものであるが、米の連邦地裁がその可否を判断することになる。

弁護側はテイラー親子が行ったことは、引き渡しを正当化するのに十分な重大犯罪ではなく、日本の引き渡し要求には根拠がないと主張している、

やはり楽器ケースに入って脱出か

トルコでは、カルロス・ゴーン脱出に関わったとされる5人の容疑者の保釈が命じられた。

ゴーン氏は最終目的地レバノンに飛ぶ前に、イスタンブール空港でプライベートジェット機に乗り換えたと言われている。

この航空会社の従業員である5人は「不法に移民を密輸」したとして起訴・拘束されていたが裁判の終了までイスタンブールの裁判所命令により保釈された。

起訴状によると、ゴーン氏は、空気を取り入れるため70の穴が開けられ、フォームでコーティングされた、大きな楽器ケースに入れて密輸されたという。

トルコの検察官によると、マイケル・テイラーとレバノン国民のジョージ・アントワーヌ・ザイエクの二人が、ゴーン氏がイスタンブールを通過できるようにするため、トルコの民間航空会社MNGジェットの従業員を雇った。

起訴状によると、従業員の一人はゴーンが搭乗する前の数か月間に、銀行口座に数回の支払いを受け、合計25万ユーロ(約3000万円)以上を受け取ったという。

MNGは、航空機が違法に使用されたと申し立てを行い、事件当時、1人の従業員がゴーンを乗客リストから除外するためにフライトマニフェストを改ざんしたことを認めていた。

日産自動車は2月に、ゴーンを相手取り「長年の不正行為」による賠償請求として約100億円を求める訴訟を横浜地裁で起こしている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します