ビットコインの利確資金、アルトコインへ 仮想通貨市場の循環物色強まる

ビットコインの利確先、アルトコインへ

仮想通貨市場の時価総額が3000億ドルを突破した。

3000億ドルの時価総額は、「ビットコインETF」で過熱した昨夏頃の水準となるが、出来高も右肩上がりに増加傾向にあり、現相場の潜在力を示唆している。

年初来高値を更新するなど騰勢を強めたビットコインの高騰は一服した29日、利益確定(手仕舞い)の資金先はミドルキャップ以上のアルトコインに向き、仮想通貨市場内の循環物色も確認されている。

株式市場でも、強ファンダで特定の銘柄が高騰した後、セクター全体が思惑買いで連れ上げする現象は往々にして見られるが、これは個人投資家の余力増加に加え、思惑が加速するとともに、出遅れ銘柄の相対的な割安感が強まることが一因となる。「ドル指数」の下落と逆相関して上昇した金やビットコインの高騰を契機に、アルトコインを含めた仮想通貨市場への資金流入も強まっている。

マーケットドミナンスで確認しても昨年9月のビットコイン占有率70%を高値に右肩下がりの推移に転じ、27日には60%に達した。ビットコインの高騰に留まらず、市場全体の時価総額が平均して上昇する傾向が示されている。

FTXの時価総額規模別インデックスでは、ビットコイン(メインチャート)が急伸した19日以降の騰落率比較で、主要アルトコイン(赤)のパフォーマンスがビットコインを上回った。中規模(青)や小規模キャップ(黄)も29日は再び上向くなど、ビットコインの手仕舞い資金も市場に残る循環物色の様相が示されている。

トップ10銘柄では、本日29日にXRP関連でリップル社のRipple Swell Regionals(SWELL関連地域別プライベートイベント)が北米で開催。ADA(カルダノ)が大型アップデートShelleyのメインネット実装。8月の月初にイーサリアムが次世代ETH2.0の新規テストネットリリースを行うなど、重要イベントも続く。このような材料も主要アルトの高パフォーマンスを後押しする材料にある。(情報はCoinPostクリプト指標で配信:APP)

リップル社、「Swell Regionals」を本日から開催へ 本家SWELLとの違いは?
リップル社が現地時間29日、主催カンファレンス「SWELL」を冠した地域別イベント『Ripple Swell Regionals』を北米からスタートする。本家SWELLとの違いもリップル社の吉川絵美氏に伺った。

ビットコインへの強気な見解相次ぐ

また、米ドルをはじめとする法定通貨への不信感を背景に上昇するビットコインと金の値動きを受け、業界内外から強気な見解も相次いで見られた。

著名ビットコイン投資家のMax Keiser氏は現在のビットコインについて、利益確定(手仕舞い)を伴うプルバック(下落)が起こる前に過去最高値を上回る28000ドル(約300万円)に到達する可能性が十分あると発言。プルバック後には日本円建てで1000万円の大台に達する米ドル建6桁に達するとの見解を示した。

金擁護派で知られるPeter Schiff氏もMorgan Creek Digital創設者Pompが主催したポッドキャストで、「ビットコインにとって決定的なタイミングだ。1万ドルを維持しなくてはいけない」と発言。

大手金融コンサルタント企業deVere Groupの創業者兼CEOのNigel Greenは、ビットコインの価格向上はゴールドのような実績のある安全資産に置き換わる力を持つとして、「ゴールドはこれまで究極な安全資産として使われていたが、ビットコインは希少性の上に、非中央集権というテクノロジーを特徴とするため、長期的にゴールドの地位を奪う可能性が考えられる」と発言した。

また、国内マスメディアでは日経新聞が、ビットコインと金の値動きに関連した価格パフォーマンスを複数の記事で公開。『米中対立への警戒感などから外国為替市場で米ドル安の傾向が強まり、中国人民元にも先行き不安がくすぶる。このため国家の枠組みに縛られない「デジタルゴールド」として、ビットコインが復権してきた』と分析した。

難易度調整も完了

ビットコインネットワークは29日、マイニングの難易度調整を終えた。調整幅は「-2.87%」で、前回比と概ね同水準の難易度を引き継いだ。

半減期後から難易度が右肩上がりに推移していたビットコインネットワークは、前回の10%プラスの調整を受け、マイナーの撤退が警戒されたが、価格も上昇したことでマイニングハッシュレートも下支えされた。

ハッシュレートは126EH/sで、過去最高水準を維持している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用