CoinPostで今最も読まれています

リップル社、「Swell Regionals」を本日から開催へ 本家SWELLとの違いは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「Swell Regionals」を本日から開催へ

リップル社が現地時間29日、主催カンファレンス「SWELL」を冠した地域別イベント『Ripple Swell Regionals』を北米からスタートする。

Ripple Swell Regionalsは、全5回に渡ってオンラインのウェビナー形式で開催され、29日にNorth America(北米)、8月13日にMENA(中東と北アフリカ)、同26日にAPAC(アジア太平洋)、9月2日にLATAM(ラテンアメリカ)、同16日にEurope(欧州)と続く。例年開催される大型カンファレンス「SWELL Global(10月14-15日)」に向けた日程となる。

年次大型イベントとしての「Swell」は、米リップルの主催で2017年に始まった大型カンファレンスで、今年で4回目を迎える。過去には元米大統領も参加、リップル社関連の最新動向だけでなく、仮想通貨XRPのサプライズ発表が期待される側面でも投資家の関心を集める。

一方、今年からSWELLのページに登場した『Ripple Swell Regionals』。本日から開催されるイベントであるものの、日本語の情報は多くない。

実際どういったイベントなのか?リップル社の吉川絵美氏に伺った。

SWELL Regionalsとは

吉川氏によると、SWELL Regionalsは昨年も特定地域で開催していたイベント「Ripple Regional」を今年からSWELLシリーズの一環として呼称を統一したものになるという。

Regionalイベントでは主にその地域によりフォーカスしたトピック(規制等)のセッションや、またその地域の顧客によるベストプラクティスの共有、RippleNetのプロダクトアップデートなどを行う。

一方のGlobalイベントでは、よりグローバルな参加者を対象に、よりマクロ的な業界のトピックや、地域を跨ぐ接続パートナーの発掘などにフォーカスするなどの違いがある。

両イベントは共に決済分野やリップル社関連の内容を発表、議論する場になるというが、Regionalイベントはより地域に根差した内容となるようだ。

SWELLは、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、バーチャルカンファレンスの開催へと方針転換を行っているが、Regionalイベントでも同様にオンライン開催の形式が取られる。

今年は『バーチャル会場』 仮想通貨XRPの注目イベントSwell、2020年も開催へ
リップル社が主催する年次大型イベント「Swell」は2020年も開催予定。新型コロナを受け、バーチャル参加の形で行う。

吉川氏はSWLLの開催について、「年々、ネットワークが飛躍的に拡大し、メンバー金融機関の成功例を披露し合い、刺激を与え合う、『ネットワークメンバーが主役』の場になってきていると感じます。今年はバーチャルでの開催となりますが、その分より多くの方々に気軽に参加してもらえると思うので、バーチャルであることの利点を活かしたイベントづくりに取り組んでいます」とコメントした。

日本でも無料セミナーを開催

また、日本でもSBI Ripple Asia株式会社などが主催となり、コロナ禍における国際送金市場の動向とFintech企業の取り組みを紹介する無料セミナーを8月5日に開催する。

イベントでは、国際金融情報センター 赤尾 陽太氏の新型コロナ渦における新興国の送金市場動向」や、SBI Ripple Asia 藤垣 慶介氏の「次世代国際送金ソリューションRippleNetについて」といったアジェンダが予定されている。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/04 土曜日
15:00
ビットコイン・レイク体験記寄稿3
ビットコインが法定通貨になったエルサルバドルを訪問し、街での買い物や地元民との交流を元に執筆された、ビットコイン研究所の練木照子氏による寄稿記事。エルサルバドルにおけるギャング対策について言及。
15:00
イーサ「再ステーキング」企業、EigenLayerが65億円調達へ
仮想通貨イーサリアムの“再ステーキング”プロトコルEigenLayerが、65億円の資金調達を進めている。イーサリアムのバリデーターにとって、ステーキング報酬を2重に得られるため、資本効率を高める手段として期待される。
13:00
バイナンス CBDCテストにBNBチェーンの環境を提供
バイナンスとカザフスタンがCBDCで協力して実証実験を行うことが決まった。カザフスタンのCBDCは現在実証実験の段階にある。
11:00
バイナンス、韓国市場へ再進出 GOPAX株式取得で
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、韓国市場へ再進出すると発表した。取引所GOPAX株式の多くを取得した格好だ。また、インドWazirXへのウォレット提供を止めることも報告している。
10:05
イーロン、ツイッターの収益シェア導入を発表
米ツイッター社のイーロン・マスクCEOは、広告収益の分配を有料ユーザー向けに開始したことを発表した。Twitter Blueプラン加入ユーザーのみが対象。返信欄で表示される広告の収益の一部を受け取ることとなる。
08:26
グーグル親会社「企業のミッション達成にAIは非常に重要」
グーグルの親会社アルファベットは、2023年1月分の決算報告から、AI事業の一部に関する記載を明確化すると説明。この変化は、アルファベットがAI事業を強化していることを示唆していると指摘されている。
07:25
米ナスダック・ビットコインなど反落 ドル急伸
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。米強い雇用統計を受け米国債相場の急落に伴い利回りは急伸し、株式市場や仮想通貨市場は下落した。
02/03 金曜日
16:25
イーサリアム、上海アップグレードに向けて3回テストを予定
仮想通貨イーサリアムのコア開発者グループは定期会議を実施。メインネットでの上海アップグレードは最短で3月中旬に実施可能になるとの見解も出ている。
14:15
FTX Japanの事業売却、入札期限が延長
経営破綻した仮想通貨取引所FTXの事業売却について、日本法人「FTX Japan」などの入札プロセスが1か月ほど延長された。FTXは「合理的なビジネス上の理由」と述べており、有利な入札条件を集めるねらいがあるようだ。
13:30
史上最大4MBのビットコインNFTがミント、コミュニティは賛否両論
仮想通貨開発者のUdi Wertheimer氏は、ビットコインマイニング会社Luxor Miningの協力を得て、史上最大のBTCブロックを占めるNFTの鋳造に成功したと発表した。
12:33
メタマスク、プライバシー機能を拡張
仮想通貨ウォレット最大手Metamaskは、RPCネットワークの変更機能を設置した。また、フィッシング詐欺の検出や着信トランザクション通知などを行うサードパーティサービスを使用するトグル機能を追加した。
12:15
抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る
ダウ反落を受け3日にかけて暗号資産(仮想通貨)市場も反落。ビットコインは50MA(中期移動平均線)と200MA(長期移動平均線)のゴールデンクロスが迫っている。
11:50
米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上
米上場企業マイクロストラテジーは2022年第4四半期の決算を報告。財務資産として保有する仮想通貨ビットコインについて約254億円の減損を計上している。
10:20
米連邦地裁、コインベースに対する集団訴訟を却下 株価大幅高
米ニューヨーク南部地裁は、仮想通貨取引所コインベースに対する集団訴訟を却下した。訴訟は、コインベースが未登録証券を取り扱っていると申し立てるものだった。
09:55
AWS、Web3の人材を募集
アマゾンのクラウドサービス部門AWSは現在、Web3チームの人材を募集。また、ebayは仮想通貨やNFTに関する職種など、複数のポジションでWeb3関連の求人を行っている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/07 17:00 ~ 18:00
その他 東京都港区虎ノ門/オンライン
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧