「中央銀行が決済システムを独占すべきではない」米通貨監督庁責任者

「米ドルトークン化はブロックチェーン上で行った方が良い」

米国の銀行規制当局の責任者が、ブロックチェーン上に構築されるドルの方が、中央銀行による決済システムの独占よりも優れていると述べたことが分かった。

この発言は、米国通貨監督庁(OCC)の最高執行責任者Brian Brooksによる。29日、米国大手シンクタンク、ブルッキングス研究所のAaron Kleinとの対談の中で行われた。

「任期中に決済分野で何か達成できるとしたら、どんな方面のことを考えているのか」と問われ、Brooksはまず州ごとの規制にとらわれない決済企業における全国的なプラットフォームを作りたいと回答。そして次に、米ドルのトークン化について語った。

私は分散化の可能性を信じている。結局のところ、ステーブルコインや他のブロックチェーンベースの米ドルのトークン化は、長期的にみると高速決済のための最も弾力性のあるモデルだと思っている。

中央銀行が決済システムを独占するよりも良い。複数ノードのネットワークの方が、何か起きた時の安全性も高いわけだ。

Brooksは以前にも、米国が中国の後を追って独自の中央政府発行デジタル通貨(CBDC)を作成することには反対していた。

私は政府がトークンを作成することが良いとは思っていない。そうしたことが政府の役割だとは賛成しないが、連邦準備銀行や米国証券取引委員会(SEC)がデジタル通貨がどうあるべきかの枠組みを作る必要はあると考えている。

Brooks

米国はCBDC発行に消極的

米国はCBDC発行には現在のところ消極的で、今年2月に連邦準備制度理事会(FRB)のPowell議長は「ただちにCBDCの開発に着手することはない」と明言している。

しかし中国をはじめ各国のCBDC開発やリブラプロジェクトの登場、金融デジタル化の加速などに伴い、CBDC研究への圧力は高まっていると見られる。

先月Powell議長は米下院金融サービス委員会で、CBDCの開発や導入を進めるためにはさらに調査が必要とした上で、「中央銀行が設計するべきだ。通貨供給は中央銀行の役割だ」と考えを述べていた。Brooksの考えは、これとは対照的であるようだ。

前職は仮想通貨取引所の法務責任者

Brooksは現職に就任する前は、米大手仮想通貨取引所コインベースの最高法務責任者だった。

Brooksを採用したMnuchin財務長官は「違法行為を補助する仮想通貨の使用を容認しない」と繰り返し述べる仮想通貨否定派だが、「金融システムを安定させ経済成長を促進させるために」Brooksを採用したと以前説明した。

ビットコインなど仮想通貨やブロックチェーンを支持している人物が採用されたことは、米国財務省における仮想通貨に対する姿勢の変化に繋がるのではないかと期待する声もあり、その成果として、先日、OCCが、米国立銀行(ナショナル・バンク)に対し、仮想通貨のカストディサービス提供を許可すると正式に発表したことだ。

Brooksは、米国は取引速度などの問題でヨーロッパなどの地域に遅れをとっていると指摘、ブロックチェーン技術に大きな期待を寄せている。

ブロックチェーンは国の歴史の中で大きな転換点であり、この技術は多くの企業が業務改善するために使用できる可能性を秘めており、ブロックチェーンのさらなる発展は、国が現在直面している経済問題の多くへの答えになり得る、とBrooksは語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します