CoinPostで今最も読まれています

コインベース:英政府機関ECAより電子マネー事業者許可・仮想通貨市場にも朗報か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

コインベースがECAより電子マネー事業者許可
世界最大級の仮想通貨取引所運営とウォレットサービスを提供する、コインベースは、金融行為監督機構(FCA)より、電子マネー事業者としての認可を受けたと発表。
金融大手バークレイズと提携
仮想通貨取引所としては初めて、イギリスの銀行口座を開設し、その銀行である金融大手バークレイズとの提携、これによりFaster Payment Scheme (FPS)システムへのアクセスが可能に
仮想通貨市場にも朗報か
仮想通貨取引を躊躇する銀行が未だ多い中で、このイギリスの仮想通貨投資家への朗報が、世界の銀行業界と仮想通貨市場にどのような影響を与えるかが今後大きく注目されるでしょう。

世界最大級の仮想通貨取引所運営とウォレットサービスを提供する、コインベースは、3月14日、イギリスの政府機関である金融行為監督機構(FCA)より、電子マネー事業者としての認可を受けたと発表しました。

FCAとは

Financial Conduct Authority(金融行動監視機構)の略で、イギリスの金融を規制する機関。 金融サービス業に携わる企業の行動を規制している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

また、仮想通貨取引所としては初めて、イギリスの銀行口座を開設し、その銀行である金融大手バークレイズとの提携により、イギリスの電子決済サービス、Faster Payment Scheme (FPS)へのアクセスが可能になりました。

この二つの大きな出来事は、コインベースにとって、同社のイギリスでの優位性のみならず、ヨーロッパ全体における事業拡大のための足がかりの重要な鍵となります。

事業拡大に大きな足がかり

電子マネー事業認可によって、コインベースは、イギリス国内で電子決済サービス提供及び電子マネー発行が可能になりますが、 FCAの認可はEU内の23カ国へも効力を持っており、同社が他の企業との提携をする際、大変有利になることでしょう。

電子マネーは、仮想通貨ではないとし、またこの事業認可は法定通貨関連事業のみで、コインベースの仮想通貨事業に適用されるものではないと明言しながらも、コインベース イギリス (Coinbase UK) のCEO、Zeeshan Feroz氏は、「ここ (イギリス)では、FCAにより規制を受けている事業は信頼に値するという雰囲気がある」と述べており、厳格な審査基準を持つFCAによって認可されたという事実が、コインベースとバークレイズの提携を後押しししたことは明らかです。

バークレイズとの提携によって、コインベースは、イギリス国内の主要な決済サービス基盤であるFaster Payment Scheme (FPS)を利用が可能になり、利用者にとっては、イギリスポンド(GBP)のコインベースへの入出金が、はるかに容易にできるようになります。 

仮想通貨への影響は?

現在、(イギリス)国内で銀行取引ができる取引所はなく、イギリスの顧客はあらゆる手段を講じて、資金をユーロ建てで(イギリス国外の)ヨーロッパの銀行口座に送り、資金の出し入れを行わなくてはならない」とFeroz氏が述べたように、ポンド建ての仮想通貨の取引は大変ハードルが高く、コインベースへポンド (GBP)で入金はできるものの、出金に関しては、エストニアの銀行を介して仮想通貨をまずユーロに替えた上でGBPへの両替を行わなくてはなりません。

それには日数がかかるだけでなく、為替リスクも伴います。

Feroz氏は、さしあたり、FPSを一部の法人顧客向けに試験的に導入し、徐々にその枠を全ての個人投資家に広げていくとし、

これは、全ての人々の仮想通貨へアクセスを可能にするという私たちの信念を実現させるための、重要な一歩となることでしょう

と述べました。

Feroz氏によると、ヨーロッパの仮想通貨市場は、2017年には、コインベースのカバーしている他の市場の2倍の伸びを記録し、その中でも、イギリスは地域最大の市場になっているといいます。 そのため、コインベースはロンドン拠点の人員を今年末までに、約8倍に増員する予定だとしています。

その匿名性と資金洗浄に使われるのではとの懸念から、仮想通貨取引を躊躇する銀行が未だ多い中、このイギリスの仮想通貨投資家への朗報が、世界の銀行業界と仮想通貨市場にどのような影響を与えるかが注目されます。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/23 火曜日
08:00
ウィンクルボス兄弟出資の英サッカークラブ、7億円相当のビットコインを購入
ビットコイン億万長者のウィンクルボス兄弟が設立した投資会社ウィンクルボス・キャピタルは4月に、レアル・ベッドフォードに7億円を投資している。
07:35
トランプ氏再選でビットコインが米国準備金に? 専門家の見解
米政府が仮想通貨ビットコインを準備金にすることは不可能ではないとDAIMのCEOが発言。この政策は共和党のDonald Trump氏が今週のイベントで発表するとの憶測が広まっている。
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア