コインベース:英政府機関ECAより電子マネー事業者許可・仮想通貨市場にも朗報か

コインベースがECAより電子マネー事業者許可
世界最大級の仮想通貨取引所運営とウォレットサービスを提供する、コインベースは、金融行為監督機構(FCA)より、電子マネー事業者としての認可を受けたと発表。
金融大手バークレイズと提携
仮想通貨取引所としては初めて、イギリスの銀行口座を開設し、その銀行である金融大手バークレイズとの提携、これによりFaster Payment Scheme (FPS)システムへのアクセスが可能に
仮想通貨市場にも朗報か
仮想通貨取引を躊躇する銀行が未だ多い中で、このイギリスの仮想通貨投資家への朗報が、世界の銀行業界と仮想通貨市場にどのような影響を与えるかが今後大きく注目されるでしょう。

世界最大級の仮想通貨取引所運営とウォレットサービスを提供する、コインベースは、3月14日、イギリスの政府機関である金融行為監督機構(FCA)より、電子マネー事業者としての認可を受けたと発表しました。

FCAとは

Financial Conduct Authority(金融行動監視機構)の略で、イギリスの金融を規制する機関。 金融サービス業に携わる企業の行動を規制している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

また、仮想通貨取引所としては初めて、イギリスの銀行口座を開設し、その銀行である金融大手バークレイズとの提携により、イギリスの電子決済サービス、Faster Payment Scheme (FPS)へのアクセスが可能になりました。

この二つの大きな出来事は、コインベースにとって、同社のイギリスでの優位性のみならず、ヨーロッパ全体における事業拡大のための足がかりの重要な鍵となります。

事業拡大に大きな足がかり

電子マネー事業認可によって、コインベースは、イギリス国内で電子決済サービス提供及び電子マネー発行が可能になりますが、 FCAの認可はEU内の23カ国へも効力を持っており、同社が他の企業との提携をする際、大変有利になることでしょう。

電子マネーは、仮想通貨ではないとし、またこの事業認可は法定通貨関連事業のみで、コインベースの仮想通貨事業に適用されるものではないと明言しながらも、コインベース イギリス (Coinbase UK) のCEO、Zeeshan Feroz氏は、「ここ (イギリス)では、FCAにより規制を受けている事業は信頼に値するという雰囲気がある」と述べており、厳格な審査基準を持つFCAによって認可されたという事実が、コインベースとバークレイズの提携を後押しししたことは明らかです。

バークレイズとの提携によって、コインベースは、イギリス国内の主要な決済サービス基盤であるFaster Payment Scheme (FPS)を利用が可能になり、利用者にとっては、イギリスポンド(GBP)のコインベースへの入出金が、はるかに容易にできるようになります。 

仮想通貨への影響は?

現在、(イギリス)国内で銀行取引ができる取引所はなく、イギリスの顧客はあらゆる手段を講じて、資金をユーロ建てで(イギリス国外の)ヨーロッパの銀行口座に送り、資金の出し入れを行わなくてはならない」とFeroz氏が述べたように、ポンド建ての仮想通貨の取引は大変ハードルが高く、コインベースへポンド (GBP)で入金はできるものの、出金に関しては、エストニアの銀行を介して仮想通貨をまずユーロに替えた上でGBPへの両替を行わなくてはなりません。

それには日数がかかるだけでなく、為替リスクも伴います。

Feroz氏は、さしあたり、FPSを一部の法人顧客向けに試験的に導入し、徐々にその枠を全ての個人投資家に広げていくとし、

これは、全ての人々の仮想通貨へアクセスを可能にするという私たちの信念を実現させるための、重要な一歩となることでしょう

と述べました。

Feroz氏によると、ヨーロッパの仮想通貨市場は、2017年には、コインベースのカバーしている他の市場の2倍の伸びを記録し、その中でも、イギリスは地域最大の市場になっているといいます。 そのため、コインベースはロンドン拠点の人員を今年末までに、約8倍に増員する予定だとしています。

その匿名性と資金洗浄に使われるのではとの懸念から、仮想通貨取引を躊躇する銀行が未だ多い中、このイギリスの仮想通貨投資家への朗報が、世界の銀行業界と仮想通貨市場にどのような影響を与えるかが注目されます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加