ブロックチェーン技術を利用した次世代ゲームプラットフォームUltra

株仮想通貨UOS、BitMax.ioに上場

仮想通貨取引所BitMax.ioは27日、仮想通貨UOSを上場することを発表した。UOSとは、ブロックチェーン基盤のゲームプラットフォームUltraで利用されているトークンである。

次世代ゲームプラットフォームUltra

Ultraは、ゲーム業界の独占市場を終わらせ、新たな機会を提供することを目的としたエンターテイメントプラットフォーム。

ゲーム業界での長年の経験を持つDavid Hanson氏、ならびに連続起業家および戦略家であるNicolas Gilot氏を筆頭に、ITおよびゲーム業界で名の知られた経験豊かな人々がエグゼクティブチームに名を連ねている。

Ultraのプラットフォームでは、プレーヤーはゲームの購入、バーチャルアイテムの交換、およびトーナメントプラットフォームを通じたライブストリーミングへのアクセスが可能だ。

これらのトランザクションにはUltraのトークンUOSが使用され、UOSトークンをステークすることで、「Ultra Power」と呼ばれるゲーム内のリソースを得ることができる。

Ultra Powerは、ネットワーク上での無料のブロックチェーントランザクションをユーザーに与えるために仲間内でシェアまたは利用される。UOSトークンはまた、ゲーム開発者等のコンテンツクリエーターがNFT(代替不可能なトークン)を発行する際にも使用される。

NFTはゲーム業界内で、革新的なマーケティング戦略、および新たな収入源を創出しているが、ブロックチェーン技術がゲーム業界にもたらす恩恵はそれだけにとどまらない。

ブロックチェーン技術を利用することによって、ゲームを販売するコンテンツクリエーターおよび企業が、ゲーム開発者と直接会話せずともゲームの販売ができるようになり、新たな市場が生み出される可能性がある。

Ultraは、ライブストリーミングやトーナメントプラットフォーム、eスポーツ関連のアプリなど、既に市場が確立された第三者サービスと提携し、単一のプラットフォームからエコシステム内のサービス全てにアクセスできるようにすることで、競合他社との差別化を図っている。

シリコンバレーに拠点を置く半導体製造会社AMD、およびフランスのコンピューターゲーム開発・販売会社のUbisoftが、Ultraとのパートナーシップ締結を発表している。

月間アクティブユーザー数が7500万人を超えている中国の大手ゲーム企業とも契約が結ばれ、今後はこの中国企業がUltraの中国国内での運営を行うことが決まっている。

今後のロードマップ

Ultraのブロックチェーンプロトコルは既に完成し、数週間以内にテストネットがローンチされる予定だ。テストネットのローンチから約2ヶ月後にメインネットのローンチが計画されている。

開発者のストアページ設定、ゲームファイルのアップロードおよび製品化、Ultraでのプロダクト販売、ゲームの購入、ゲームのダウンロードおよびプレー、アップデートを含む全てのサービスサイクルの実装は既に完了している。

BitMax.ioについて

Bitmax.io(Bitmax.com)は、小口および機関投資家を対象に、幅広い金融商品およびサービスを取り扱うデジタル資産トレードプラットフォームであり、ウォール街のクオンツトレードの熟練者によって2018年7月に設立された。

BitMax.ioのプラットフォームは、流動性の高いデジタル資産市場を求めるアジアおよび欧米両方のバイサイドおよびセルサイドの機関投資家に特化している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します