デリバティブ大手BitMEX:チェーンリンク、テゾスなど人気4銘柄の無期限先物を提供へ

BitMEXの新商品

仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXは、チェーンリンク(LINK)、テゾス(XTZ)、カルダノ(ADA)、イオス(EOS)4銘柄の無期限クオント契約を開始する計画を発表した。ライトコイン(LTC)のクオント契約に続く新商品の提供となる。

レバレッジの上限など契約詳細に関しては、のちほど発表するとしている。

これらの商品は、これまでのUSD建てと異なり、ステーブルコインのUSDT(テザー)建てとなる。BitMEXは、アルトコインとUSDTの取引ペアが全体アルトコイン出来高の60%を占めているため、顧客のニーズに答えるようにUSDT建てとして提供するとした。

また、需要に応じて今後数ヶ月に渡り、より多くのアルトコインデリバティブを取り扱う方針を示しており、今後の展望も期待される。

参考:BitMEX

BitMEXの公式モバイルアプリをローンチ

1日に、BitMEXはモバイルアプリ「BitMEX Mobile」の提供を開始したことを発表した。利用できる国は、140ヶ国に及ぶが、日本から撤退したため、日本国居住者はサービスを利用できないという。

また、BitMEXは8月の14日に本人認証プロセスを導入したと発表した。既存のユーザーも、2021年2月12日までにIDチェックの手続き完了を求められる。

関連BitMEXが公式モバイルアプリをローンチ、140カ国で利用可能に


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します