Bitmain、北米にもビットコイン採掘機器のメンテナンス拠点を設立

北米に修理センターを設立

中国大手の暗号資産(仮想通貨)採掘機器メーカーBitmainが、北米にビットコインなどの採掘機器の修理センターを設立するため、米ブロックチェーン企業Core Scientificとパートナーシップを締結したことが分かった。

Core Scientificが北米唯一の修理センターとして、Bitmainオリジナルの部品を使って修理を行う。Bitmain認定のエンジニアが修理を担当し、保証期間が過ぎている機器も対象にする。マイニングが活発化している北米に修理センターを設けることで、中国へ機器を送る時間をなくして修理期間を短縮し、輸送コストも削減することが目的だ。

Core Scientificは、IT最大手マイクロソフトで最高執行責任者を務めたKevin TurnerがCEOを務める企業。ブロックチェーンだけでなく、AI分野でも事業を行っている。

また仮想通貨のマイニングも行っており、今年6月には計1万7595台のS19 Antminerを購入する契約をBitmainと締結。同社が経営する複数のブロックチェーンデータセンターに設置する計画が明らかになった。Bitmainとの契約によって、Core Scientificは北米の最大手採掘業者の1社として地位を固めることができるとしている。

関連1.7万台超の採掘機器をBitmain社から購入、ブロックチェーン企業が北米のトップに

Core Scientificの発表によると、米国は2019年9月から2020年4月の間にハッシュレートが78%増加しており、ハッシュレートのシェアは中国についで2番目となっている。

マイニング事業が盛んになるにつれて、アジアから機器を輸入することも増えており、競争率の高いハッシュレートを維持するために、迅速に機器の不具合に対応する必要が高まっているというのが、修理センター設立の背景だ。

Core Scientificの担当者は、「北米に修理センターがあることで、輸送費用は1ユニットにつき100ドル(約1万円)削減でき、修理にかかる期間は2週間短縮できる」と説明している。

参考資料 : Core Scientific


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します