EUが仮想通貨規制案を発表、VISAのデジタル決済取り組みに注目集まる|今週の仮想通貨重要ニュース

今週のニュース

今週は、クレカ大手のVISAのデジタル決済分野の事業拡大や、世界初とみられる仮想通貨ETFの実現に関する記事に注目が集まった。

24日には、欧州委員会が仮想通貨規制案を正式に発表した。また、ナスダックに上場するMicroStrategyが多額のビットコインを購入していることについて、CEOはその理由などを語った。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュース|今週の市場の動きは
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:クレカ最大手VISA、仮想通貨(デジタル決済)分野の事業拡大へ

クレジットカード最大手企業VISAが、デジタル通貨・暗号資産(仮想通貨)分野への参入を加速させている。 仮想通貨企業と提携してVISAカードを発行、カストディ企業アンカレッジへの投資、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の政策提言に関する協力など、これまでの活動は多岐にわたる。(記事はこちら

2位:世界初の仮想通貨ETF実現、ナスダックとブラジルファンドが提携

ブラジルのファンド企業Hashdexが米ナスダックと提携し発行する仮想通貨ETF(上場投資信託)がバミューダ証券取引所(BSX)で取引される予定だ。(記事はこちら

3位:リップル社の共同創設者が5億XRPを送金──送金先は?

米リップル社の共同創設者Chris Larsenが、暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)約5億XRP分(125億円相当)を、米仮想通貨投資ファンドのウォレットへ送金したことが分かった。 (記事はこちら

相場ニュース|今週の市場の動きは

ビットコインアドレスの大半が含み益、実現時価総額では仮想通貨バブルを上回る

暗号資産(仮想通貨)ビットコインのアカウント情報にて、含み益のあるアドレスが約76%(計2400万アドレス)を占めることがわかった。(記事はこちら

NYダウは週明けて急落、仮想通貨市場も全面安

週が明けた21日のNYダウ平均株価は、一時900ドル以上の下落となったが、その後はハイテク株が持ち直し下げ止まった。(記事はこちら

連休中のビットコイン急落に2つの外部要因、イーサリアム採掘速度は過去2年最大に

21日のニューヨーク株式市場で、NYダウが一時940ドル安の下げ幅となったことを受け、連休中の仮想通貨(暗号資産)市場は全面安に。仮想通貨では、Gas代の高騰によりイーサリアムマイナーが利益を享受している。(記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

欧州連合(EU)、仮想通貨規制案を正式に発表

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会は24日、暗号資産(仮想通貨)に関する規制案を正式に発表した。(記事はこちら

イーサリアム上でトークン化されたビットコイン、DeFiで巨大需要

DeFi市場の隆盛が続いており、その中でトークン化されたビットコイン(BTC)という新しい暗号資産(仮想通貨)の形態が人気だ。こうしたトークンの発行総額は約11億ドル(約1160億円)に達した。 (記事はこちら

機関投資家の9割は仮想通貨の保有を増やすと予測 保険会社が調査

機関投資家に対して行われた新たな調査で、多くの投資家が、暗号資産(仮想通貨)へ更なる投資を考えていることが分かった。 (記事はこちら

ナスダック上場企業4億ドルのビットコイン購入、CEOが理由と方法を語る

米ナスダック上場企業MicroStrategyが先日、総額4.25億ドルで合計38,250の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを資本配分として購入したことが業界で話題になっている。 (記事はこちら

XRPレジャー財団が設立、XRPLの発展と採用を推進へ

独立の非営利団体「XRP Ledger財団」が24日に設立されたことがわかった。XRPレジャー(XRPL)の発展と採用を推進することを目的とする。 (記事はこちら


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します