仮想通貨の「匿名と規制」に進展 米Gemini、Zcashのプライバシー出金機能に対応

正規取引所の重要な一歩

米暗号資産(仮想通貨)取引所GeminiがZcash(ZEC)の出金におけるプライバシー機能に対応することを発表した。規制された取引所で初事例となる。

ニューヨーク州の利用者も対象となるため、最も厳格な金融規制環境に置かれても強化されたプライバシーが応用できるとしている。

Geminiが対応するのは、「Shielded ZEC」という機能だ。Zcashのアドレスには透明性が高い「t」アドレスと、プライバシーが加わった「z」アドレスの二種類がある。今回、Geminiでは、後者のzアドレスに対応、プライバシー機能を利用したいGeminiの利用者は「z」アドレスを選ぶことができるようになった。

また、「Shielded ZEC」を利用する顧客は個人のアイデンティティとトランザクションのサイズを隠すことも可能だ。Gemini側は出金に関する記録を保存するが、出金されて「z」アドレスのプール(ビットコインのメモリプール相当)に行けば、Geminiは追跡することができなくなる、と代表者はTheBlockは説明した。

出金における「Shielded ZEC」の対応はGeminiが初めて対応するが、入金での「Shielded ZEC」はGeminiのほか、Coinbaseも対応している。

Geminiの代表者は規制コンプライアンスに関して、「これまで、複数回にわたって規制当局にプライバシー強化型の仮想通貨技術を説明し、会話も重ねてきた」と説明。

FATF(金融活動作業部会)が提案する資金洗浄防止ルールに対応し、世界各国の正規取引所が個人認証(KYC)を厳格化する中、規制に準拠した形で金融プライバシーを強化する動きは、今後プライバシー機能を特徴とする仮想通貨銘柄への対応にとっても重要な一歩と言える。

参考:Gemini


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します