トランプ容体を注視する世界金融市場、SWELL思惑でXRP(リップル)上昇

世界経済と仮想通貨市場

新型コロナウイルスに感染したことを明かし、入院中のトランプ大統領の容体に世界中の注目が集まっている。万が一不測の事態ともなれば、外交面はもちろんのこと、金融マーケットにも甚大な影響を及ぼしかねないからだ。

米NYダウ先物は2日、米トランプ大統領が新型コロナの陽性であることを公表したことで一時600ドル超急落。リスク回避の売りが膨らんだ。医療チームが、「早ければ5日に退院する」と容体の改善を強調したことで、NYダウ先物は前日比523ドル高の27,710ドルまで回復している。

一方、主治医のショーン・コンリー氏は4日、ステロイド薬「デキサメタゾン」の投与や、酸素吸入を受けたことを初めて認めた。

トランプ大統領は、すでに抗ウイルス薬「レムデシビル」の投与を受けている。未承認薬であるが、日本でも今年5月、厚労省から承認を得ている。

世界最高峰の医療チームで万全を期しているとはいえ、トランプ大統領は、重篤化リスクの高いとされる高齢かつ肥満体型であることから、懸念する声も少なくない。米疾病対策センター(CDC)によれば、米国の人口10万人あたりの入院率は、65歳以上の高齢者で通常の約2.7倍、肥満体型の人の入院リスクは通常の約3倍とされる。

新型コロナウイルスに罹患した患者の容体が急速に悪化するケースは各地で報告されており、当面は予断を許さないものと思われる。

ビットコイン動向

5日の暗号資産(仮想通貨)市場。ダウの上昇を受け、ビットコイン(BTC)価格は前日比+1.6%の113万円(10700ドル)を回復した。

引き続き上値の重さは認められるものの、ネガティブサプライズでも落ちきらず、今年7月まで主要抵抗帯として機能していた10,000ドル、10,500ドルの反発も強い。

XRPの上昇が顕著に

そんな中、9月以降低調に推移していたXRP(リップル)が、前日比一時9%高の26.7円まで上昇した。

XRP/USDチャート

米リップル社主催の国際カンファレンス「SWELL2020」が10月14日〜15日の2日間に渡り開催されることを受け、思惑買いが集まったものと思われる。例年、SWELL開催前はXRPが上昇傾向にある。

Ripple SWELL2020

SWELLとは、「巨大な波(XRP革命の大きさ)」を意味する用語で、世界各国における、政治・経済界、銀行業界、ブロックチェーン業界のリーダーが一堂に介し、「送金の未来」について議論する場となる。

今年は新型コロナの影響により、初のバーチャル開催だ。

2日に公表された、基調講演の登壇者には、国際的非営利団体の世界経済フォーラムにおいて「ブロックチェーン・デジタルアセット・データポリシー」の責任者を務めるSheila Warren氏、世界銀行グループの「金融包摂・インフラ・アクセス」のプラクティスマネージャーを務めるMahesh Uttamchandani氏が紹介された。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します