米大統領選挙の開票始まる、勝者確定は数日遅延の見通しか

2020年の大統領選結果

日本時間11月4日朝、4年に1度実施される米大統領選挙の開票が各州で進んでいる。

AP通信の集計によれば、激戦州のフロリダでは推定開票率99%まで進み、トランプ大統領の得票率が51.3%とバイデン候補をリードする。 その一方、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、期日前投票が16年大統領選の投票総数の74%にあたる1億人を超えた。内、郵送投票が6500万人を超えたことで開票遅延が発生、4日中に大統領選の結果が判明しない可能性が生じている。

4日13時の執筆時、CNNの報道で、トランプ大統領が獲得している選挙人は114人、バイデン前副大統領は205人となった。当選するには、最低限270人を確保する必要がある。

米主要メディアの予測によると、当確の結果が出るまで数日を要する可能性がある。トランプ大統領の強硬姿勢から、勝敗決着が連邦最高裁判所での法廷闘争にもつれ込むのではないかとの警戒も広がっている。

合衆国憲法や連邦法の規定では、各州を代表する「選挙人」による決戦投票は12月14日であることから、次の節目として意識される。その後、21年1月6日に上下両院合同会議で各州の結果を集計し、新大統領の就任式は、1月20日予定となる。

市場の反応

米ニューヨークダウ先物は米時間3日、民主党のバイデン候補の優勢が伝えられるなか、勝者判明後の株高を見越した動きとなり、前日比554ドル98セント(2.06%)高の2万7480ドル03セントで終えた。一方、夜間取引のダウ先物では、両立候補が複数の激戦州で接戦するのを受け、小幅反落している。

日経平均株価は、午前の取引終了(午前11時30分)時点で、日経平均株価は1.4%高、東証マザーズ指数の上昇率は2.8%に。仮想通貨市場では、ビットコインが上昇し一時14,000ドルに到達するなど、乱高下している。

出典:Tradingview

前大統領選の状況

16年の大統領選では、開票作業が進むにつれ、事前予想で有力とみられていた民主党のヒラリー・クリントン候補の敗勢と共和党のトランプ大統領の勝勢が伝わると、大荒れ模様の相場となっていた。

下図:ロウソク:NYダウ平均株価、オレンジ線:ビットコイン、青い線:金先物

出典:Tradingview


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します